玉響記 2

souumachi.exblog.jp ブログトップ

aoi (あふひ)展

d0356076_19165327.jpg
aoi なの?あふひって何?と思いません?
ここで聞いたわけではないけれど「葵」を旧仮名遣いでは こう書きますよね。
って私は旧仮名遣いを習ってませんよ。念の為!


d0356076_19171355.jpg
30年ぶりだろうか?
大学の書展を見に行った。この前、行ったのは友達の息子さんが書道部に入部し学内展に出品しているというので行って以来。今回は講師であるWさんのFacebookで知ったからではあるが・・・
この大学は 子供の頃 この近くに住んでいたが引っ越してウン10年!? もう行くこともないかもしれない。ちょっと行ってみたいと思ったから、って不謹慎かな?
d0356076_19172158.jpg
学生らしい作品を見た後、変化著しい学内を少々、校門前に居た警備の人だろうか?「ご苦労様」などと言って下さったので ちょっと立ち話。古い事を知っていらっしゃる、子供の頃にあった池もご存じのようだった。
d0356076_19172942.jpg
大学通りには 60年位前にもあった店も残っている。よく行った文具店、写真スタジオ、表札を見ると 当時の名前もチラホラ。私が住んでいた家の辺りはマンションになっていた。横に小さな小さな川があったが それはなくなっていた。暗渠になったのだろうか?
斜めだった道路はそのままだったり お墓などはそのまま、すっかり様変わりしているのかと思ったが 細かく見ると思い出すことがあって楽しかった。


d0356076_22111684.gif
d0356076_19524990.jpg
えんどう豆を使って ごま豆腐のように葛を使って作ってみた。
豆を沢山頂いたので何か作れるものはないかと調べたが思うようなものがなく適当にやったが ミキサーとすり鉢で擂って 漉し器で漉したり手間が掛った割には大した料理ではなかった。
普段の料理は目分量、適当であるが 何でもそんな調子では無理なようだ。






[PR]
by souu-4 | 2017-06-17 22:28 | 書道 | Comments(10)
Commented by rabbitjump at 2017-06-18 13:08
あふひというのですか、
聞いたことがなかったのでとても新鮮に感じます。
最初のお写真、とってもいいな~と眺めました。
遠い日々の町を思い出しながら歩くっていいですね。
懐かしい場所やお店が変わらずあると嬉しくなりますね。
Commented by midori at 2017-06-18 15:25 x
「あふひ」という仮名遣い 私も読めません。
これは旧仮名遣いなのですか?

何十年も経ってしまうと すっかり変わってしまいますね。
PCで私が以前住んでいた場所を
グーグルのストリートビューで探してみたら 浦島太郎の気分になってしまいました。
Commented by asayannj at 2017-06-18 19:37
「あひふ」の読み方初めて知りました。
難しいです。懐かしい土地での懐かしい出会いに
記憶がよみがえって楽しかったでしょうね。
えんどう豆で出来たのは和菓子の部類になるのでしょうか
綺麗な色です食べてみたいと思いました。
Commented by souu-4 at 2017-06-18 22:09
rabbit さま
20年ほど前、展覧会の名前を付けようという事になり春と言えば葵祭。
あおいと言えば万葉集にあふひとあり、逢う日と掛けているそうです。
最初の写真は学校の正門ですが ここから真っ直ぐに道路が伸びています
この通りに面した所に住んでいたのです。姉がいなくなりこの地へは
もう行く機会は殆どないと思うのです。ずっと住まわれている方が
いらっしゃるって何だか嬉しいですね
Commented by souu-4 at 2017-06-18 22:19
midori さま
葵といえば上賀茂神社ですね、ここに「あふひの歌」があります。
旧仮名遣いは難しいですね。まぁ難しいから発音通りに替えたの
でしょうけれど。子供の頃は広い通りだと思っていたのですが
狭くなったように感じました。少し中へ入ると変わってなかったので
懐かしかったです。
Commented by souu-4 at 2017-06-18 22:27
asayannj さま
これで懐かしい人に逢えれば良かったのですが・・・でも逢っても
判らないでしょうね。向こうも私も。
えんどう豆は調べたのですがエンドウご飯など変わったものがあまりなく
ゴマ豆腐も枝豆を使えば枝豆豆腐 えんどう豆を使えばえんどう豆腐
などと書かれていてレシピはなかったので勝手に変なものを作りました。
口当たりが良いようにと色々遣ったのですが美味しいとは((+_+))
Commented by syo-kunin at 2017-06-19 11:46
SOUU先生、こんにちわ。。。

そもそも日本語自体怪しい番長がこんな難しい漢字
読める訳がありません!! ww(-_-;))))
Commented by おせっちゃん at 2017-06-19 16:19 x
え~っ??葵は「あふひ」なのですか、全く知りませんでした。私も旧仮名遣いは習いはしなかった年代です。
でも、戦後本もなかった時代には、家の棚にある古い本を繰り返し読んだものですから「てふてふ」が「蝶々」、「おじいさん」と「おぢさん」では使い分けるのだとか多少は知っていましたが。へ~え。
Commented by souu-4 at 2017-06-19 20:57
syo-kunin さま
平安時代には「葵」は「あふひ」と表記され、そのように発音されていたと
言う事らしいです。歴史的仮名遣と言うんですって。難しいですね
Commented by souu-4 at 2017-06-19 21:10
おせっちゃん 様
「てふてふ」ネェ これは覚えがあります。「どぜう」「けふ」なんてのも。
「あつさゐ」になると難しいですが紫陽花らしいですね。
慣れかも知れませんが発音通りに書くようになって良かったのでしょうね?
line

一瞬のきらめきを大切に


by souu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30