玉響記 2

souumachi.exblog.jp ブログトップ

阿礼祭

d0356076_07483685.jpg


8月16日は賣太神社のお祭り、阿礼祭です。

d0356076_07584493.jpg

昭和5年に始まったお祭りは 今年で88回目。

d0356076_07485489.jpg
ここの神社は阿礼さまをお祀りしていますが 他に芸能の始祖神である天宇受賣命、土地方位の神・猿田彦大神も祀られています。
と、いうこともあり稗田の舞、踊り、阿礼さま音頭、阿礼さま祭こどもの歌などが奉納されます。お話、紙芝居、腹話術など一日賑やかに催されます。
(写真は出を待つ子供たち)
d0356076_07491677.jpg
午後2時ごろ 御神輿は村を回ります。
その頃、私たちは古事記を輪読します。今年は 先日、古事記の最後まで完読しましたので 序文を読みました。

d0356076_07500491.jpg
今日は25日からの展覧会の準備で 自分の作品の仕上げを自分でするという ちょっと珍しい作業に表具屋へ行きます。

こうして夏の行事は過ぎていきます。




[PR]
by souu-4 | 2017-08-17 08:40 | 奈良 | Comments(6)
Commented by rabbitjump at 2017-08-17 23:23
子供さん方も参加のお祭りは元気が出てよいものでしょうね。
皆様力を合わせての行事、
長く続いて欲しいものです。
souu先生もご参加の輪読ですか、
そう伺っただけでも心弾みます。
Commented by souu-4 at 2017-08-18 08:31
rabbitjump さま
子供たちは練習などもあり大変なのでしょうけれどお母さんが
張り切ってらっしゃいます。
お祭りは見るものでなく参加するものだとブロ友さんに言われましたが
その通りでしょうね。古事記の輪読も5年になり そろそろ引退?
と思ったのですが やっぱり楽しいかな?
Commented by oss102 at 2017-08-20 11:01
古事記の輪読、憧れます。一人で朗読しても面白くない。
詩吟も輪唱・合吟・いずれも素晴らしいと思いました。父親の葬儀で。歴史のある街でなくてはの行事ですね。
Commented by asayannj at 2017-08-21 14:20
こんにちは(^^♪ ご無沙汰申し訳ありません。
お盆も過ぎてセミの鳴き声もツクツクボウシになり
夏の終わりを感じるころになりましたが
残暑は厳しい毎日です。

毎年このお祭りでは ご活躍ですね。
古事記の輪読って実際にはどんな様子なのでしょうか
こちらではそのような行事がないのでよくわかりませんが
きっと厳かな中で行われるのでしょうね。
展覧会の作品の準備 出来上がりも楽しみですね。

Commented by souu-4 at 2017-08-21 19:32
oss102 さま
お父様は詩吟を?お仲間のお見送りで吟じて下さったのですか?
私たちは その時によって皆で読むこともありますが普段は順に
一人ずつ読んでいます。最も古い人は3度目くらいですが私は
訓読と現代語訳を読み終わった所です。次は如何するのか判りませんが
Commented by souu-4 at 2017-08-21 19:41
asayannj さま
暑かった夏も 日が短くなり終わりが近づいた感がありますね。
毎年、同じ行事ばかりでブログもマンネリです。
輪読は一人ずつ順番に読んでいくのですが 時には皆で読んだり
一人の人がある程度読み 次に皆でとか女だけで、男だけでと
変化を付けることもあります。1300年前の朗誦者だった阿礼さまを
お祀りしている拝殿で この日は読みます。
秋になれば次々展覧会がありますのでお稽古も休めないのです。
line

一瞬のきらめきを大切に


by souu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30