玉響記 2

souumachi.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:書道( 10 )

寺子屋

d0356076_14175871.jpg
この新聞は 5月に載っていたもので 今回の寺子屋とは関係ないが この記事にもあるように小学校の低学年から書道に力を入れる学校が出てきた。
戦争中に入学した私は夏休み お習字の練習に学校へ通っていた記憶はある。
この記事にあるように戦後一時廃止にされていたようだが 教科書の如何いう部分だったかは判らないが墨を塗った記憶はある。筆は そんな為にあった筈はないが2,3年生の頃の習字の記憶はない。
d0356076_14181009.jpg

地元の小学校で畳敷きにした教室で正座をして書道をさせたいと校長先生から公民館の書道クラブに言われたときは 手伝ってくれる人が少なくお断りに行ったが熱心な先生に負けたようなものだった、ところが実際に始めると楽しい良い時間を過ごさせて貰っている。この教室を「寺子屋」と名付けられた。
短時間なので書くのはもう少し先になるが まず、奈良で製造している筆や紙、全国シェア90%という墨は ここに住んでいる者にとっては身近なものであり知っておくべきものだと思う。
これらの話から始め 学校の目的でもある「立腰」教育の実践を踏まえ書くことが好きになる子が出来るようにと思っている。
立腰とは腰骨を立てて背筋を伸ばして座る姿勢のことで古来より日本における伝統芸能(能、歌舞伎、狂言)や武道(剣道、柔道、空手)総合芸術(茶道、華道)において、姿勢が大変重要視されているように精神的にも大切なことだと学校も考えているようだ。
d0356076_14181751.jpg

今日も教頭先生が 立腰教育を始めてから学力テストの成績もアップしていると言われていた。低学年の子供だけでなく最近の生活体系は正座をすることも少なくなり辛いと思うかもしれないが 今のところみんなキチッと座って話を聴いてくれている。

明日は 公民館まつりの作品展示であるが この学校へは出前授業もしたので その時の作品も展示する。

d0356076_15080958.png


d0356076_14182593.jpg

秋色の生菓子
d0356076_14182957.jpg

食欲の秋
d0356076_14183687.jpg

未だ ダレているアイ

緊張の時間ばかりではなく ノンビリした時間もあり・・・






[PR]
by souu-4 | 2017-10-13 15:10 | 書道 | Comments(13)

グループ書展

d0356076_09204473.jpg
今年も書くことが好きな者が集まってグループ展を開催しています。
早いもので20回目です。当然ですがこんなことをしようと言いだした時は今より20才若かったのです。
当時、賛同して下さった人も高齢になり亡くなった方が5名。ご病気の方、仕事が忙しくなった人もあり 新しい人の参加で入れ替わりはあります。会場も難波の南海通りのギャラリーのオーナーが高齢になり止められ 今の道頓堀に替わりました。会期は9月、10月とあまり変化はありません。
大阪のギャラリーは粗、1週間単位ですが数年前から会場へ出られる人が少く何度も出るのは大変だという事で 決められた日に搬入、展示はしますが中の3日間だけの会期にしています。
d0356076_09205510.jpg
会場周辺も 随分変わりました。会場のすぐ北側を流れる道頓堀川が様変わりし 外国の観光客が増え 昼食に出てもどこも超満員、搬入の時、みんなでたこ焼きを食べるのが恒例になっているのですが 行列がスゴイ!!焼いているのを写真撮りする外人さん、食べながら歩く人、古い人間には考えられない光景です。

こんな賑やかな大阪らしい街での展覧会ですが 会場の中は落ち着いた雰囲気です。ちょっと一服がてらご覧ください。
明日、9日16時までです。ギャラリー香





[PR]
by souu-4 | 2017-10-08 09:47 | 書道 | Comments(14)

川の流れのように

d0356076_06251683.jpg
花は 黙っていても時期がくると開花する。
あまり手入れもしてもらえなくっても 暑くっても寒くっても 文句も言わず只管 その時期に向かって努力しているのだろう。
 d0356076_06252453.jpg
「行雲流水」
何度も書いているかと思うが 今、こんな心境でいたい。
そんな思いで居る。
自分の体調が やや上向きになったと思うと 犬の体調が悪くなって 餌を替え薬が増えた。
獣医科病院が 3連休になる前に膀胱の洗浄をしたり それなりの準備をして 少しでも元気になるようにと願う。
そうしていると もう1匹がお散歩の途中、何かを踏んだか 引っ掛けたのか 痛がって動こうとしない。
何処が痛い?と言っても答えられない。少しずつ ここらしいと思えるようになり軟膏を塗って包帯をしておいた。上から舐めているが 普通は舐めるだけで自分で治すのだろう。
どうも、過保護で・・・イカン!!
心配したら限がない。
明日の朝には きっとよくなっているから、なんて犬に言い聞かせ 何とか眠らせた。
気候も良くなり ぐっすり眠ってしまったが目覚めると犬も 走れるようになっている。
大丈夫!

今のところ、つい、夫の心配までしてしまうが 殆ど大丈夫!
これがいつか大丈夫ではなくなるのだろうけれど そんな風に考えず 刻々と変わる雲のように、流れを留めることなく流れる水のようであろう。

どうも、心配性なのはよくない。





[PR]
by souu-4 | 2017-09-13 09:51 | 書道 | Comments(6)

書のときめき

d0356076_16033129.jpg
福岡の先生が10年ぶりに京都で展覧会を開催されている。
会場におられた先生には10年ぶりにお逢い出来 色々説明も聞くことが出来た。
私が一番 気になっていて実際に一番好きだったのは この作品!卍と巴 随分何度も書き、試行錯誤されたそうだから 感動するものを作り出すのは並大抵ではない。筆で書いたものではない。(ここでは何で書かれているかは書かないことにしよう)
d0356076_16041328.gif
この作品は横から見ると 正面から見るのとは感じが違う。作品もこうして観る者を惹き付ける?のも面白い。
d0356076_16044915.jpg
この作品は 照明に依って動きが見える。面白い発想だ。
早速、今日のお稽古で秋の展覧会で発表する「灯り」のヒントにさせてもらった。
勿論、こういう作品ではなく灯りの中に取り入れる あくまでもヒントだけである。
d0356076_16051941.jpg
こんなものも展示されていた。
後ろ側(背中)は雲龍風虎・黄州寒食詩巻という作品だが 前面は「神」と10年前に拝見した「エジプト文明心象「石(いし)・石鼓文」である。
d0356076_16052610.jpg
私より10歳お若いが 色々思い浮かぶものだと唯々感心しながら会場を後にした。

今回、会場へはバスで行くのが一番近いのだろうけれど 京都のバスは好きではない。京阪電車に乗り換えるのが良い。やはり10年ほどにもなるがこの会場へは漢字の説明で何度か行ったが すっかり忘れていた。この日は近鉄から竹田で地下鉄に乗り丸太町へ、京都御所を斜めに横切って行った。
途中、
d0356076_16050442.jpg
古そうな印判店があった。ウインドウにはステキな印が並んでいる。
d0356076_16051166.jpg
丁度、行雲流水の作品を書こうと
思っているのでこのようなのが
目に留まった。

印と書の作品では 当然違うが・・

出かけると 色々楽しい事があり
収穫もある。
まだ、そんな時間も欲しい。
この夏は 体調の事もあり殆ど出かけなかったが もう「秋」
時間は作るものだろう。
頑張りたいと思いながら急ぎ帰宅した。
が、家の近くまで帰り 現実に戻された。夫が玄関に立って待っている。頼ってくれるのは良いが・・・
犬だって待っていたのだろうけれど 尻尾を振って喜びはするが夫のようなプレッシャーはない。
あ~~ぁ!






[PR]
by souu-4 | 2017-09-08 20:22 | 書道 | Comments(8)

秋の展覧会に向けて

d0356076_22390797.jpg
8月には 全国金魚すくい選手権大会が開催されるからか ショッピングモールには こんなに大きな金魚が・・・泡も大きい!
そんな頃、早くも秋の展覧会の準備を始めなければならない
d0356076_22391467.jpg
今回、一か所の公民館では「灯り」をテーマに作品作りをするので 額、という程立派なものではないが透けて見えるように絹本に書いて 後ろから灯りを当てるようにしようと考えている。が 有り合わせのライトを使うと光がボンヤリ。電池を替えられるのか判らないが電気屋で聞いてみよう。
一部分を白く残し 墨を塗って「透け」感が出るようにしたい。どのようにライトをくっ付ければ良いか。これからの課題。d0356076_22392490.jpg
後、2点制作してみたがお花などのラッピング用 用紙にワンパウで書き 色を付けたが文字が上手く浮き出てこなかった。

用紙を替えるか 他のもので書いてみよう。
ライトは小さいけれど何とか見えるかな?

もう、1点は 少し大きなもので2か所に文字を書き入れたが 目で見ると何とか見えるが 写真の撮り方が 良くないので完成してから載せたいと思う。

字を書き 後は表具屋任せに出来るのは楽だが 何もかも自分で遣るのは大変!!

こんな無理難題を皆さんに遣って貰うのだから 頭で考えるだけではダメだろうから まず、自分で何点か制作しなければ・・・と思うが 取っ付きが悪くなったのかギリギリでないと出来ない。
明日、持参するには荷物が多いので写真だけでも、と思っているが・・・
最近は こんな調子だ。これも齢の所為などと言い訳はしたくない。



[PR]
by souu-4 | 2017-07-13 23:17 | 書道 | Comments(6)

夏の展覧会

d0356076_09292559.jpg
30数年続けている朝のウォーキングは 今の家へ引っ越す前のお隣さんと歩いている。歩調がピッタリで二人で歩くのに丁度良い。この間、彼女のご両親、舅姑さん、ご主人さんを見送られた。私も母、姉たちを送ったが 10才だったお互いの子供が40才半ばとなった。
d0356076_09293123.jpg
d0356076_09293786.jpg
最近は 日曜日とゴミ出しの一日をお休みに週5日制にしている。
今朝はお休みだけど 歩くことを身体が要求して6時ごろ何時もとは違うコースを一人で歩いた。東の山は梅雨空らしくボンヤリしているが若草山、春日山原生林、高円山。
d0356076_09294583.jpg
田圃の稲は 早くも緑が濃くなってきている。
d0356076_09295292.jpg
この子は誰?朝の食事を探しているのだろうか?
自然の中の生き物たちを見ていると 古代の人たちも こうして陽が上ると食事の用意をし 雨や風に耐えていたのかと思う。そんな中で誕生した「漢字」を思いながら 今日も歩いた。
d0356076_09301232.jpg
さぁ!
一週間後には提出しなければならない作品を仕上げなければ・・・
明日から金曜日までお稽古があり土曜日には持参しなければならない。






[PR]
by souu-4 | 2017-07-09 09:53 | 書道 | Comments(6)

aoi (あふひ)展

d0356076_08275417.jpg

aoi なの?あふひって何?と思いません?
ここで聞いたわけではないけれど「葵」を旧仮名遣いでは こう書きますよね。
って私は旧仮名遣いを習ってませんよ。念の為!


d0356076_19171355.jpg
30年ぶりだろうか?
大学の書展を見に行った。この前、行ったのは友達の息子さんが書道部に入部し学内展に出品しているというので行って以来。今回は講師であるWさんのFacebookで知ったからではあるが・・・
この大学は 子供の頃 この近くに住んでいたが引っ越してウン10年!? もう行くこともないかもしれない。ちょっと行ってみたいと思ったから、って不謹慎かな?
d0356076_19172158.jpg
学生らしい作品を見た後、変化著しい学内を少々、校門前に居た警備の人だろうか?「ご苦労様」などと言って下さったので ちょっと立ち話。古い事を知っていらっしゃる、子供の頃にあった池もご存じのようだった。
d0356076_19172942.jpg
大学通りには 60年位前にもあった店も残っている。よく行った文具店、写真スタジオ、表札を見ると 当時の名前もチラホラ。私が住んでいた家の辺りはマンションになっていた。横に小さな小さな川があったが それはなくなっていた。暗渠になったのだろうか?
斜めだった道路はそのままだったり お墓などはそのまま、すっかり様変わりしているのかと思ったが 細かく見ると思い出すことがあって楽しかった。


d0356076_22111684.gif
d0356076_19524990.jpg
えんどう豆を使って ごま豆腐のように葛を使って作ってみた。
豆を沢山頂いたので何か作れるものはないかと調べたが思うようなものがなく適当にやったが ミキサーとすり鉢で擂って 漉し器で漉したり手間が掛った割には大した料理ではなかった。
普段の料理は目分量、適当であるが 何でもそんな調子では無理なようだ。






[PR]
by souu-4 | 2017-06-17 22:28 | 書道 | Comments(10)

出前授業

d0356076_04385180.jpg
ゴールデンウィーク明けの月曜日

さぁ! 平常の生活に戻ろう。
といっても左程変わりのないバアサンが言うのも変かな?
d0356076_04385755.jpg
いつものように月曜日は中央公民館のお稽古日、元気に出発出来るのはイイ!
夕方は 今年も地元の小学校へ出前授業に行く為の打ち合わせ。
d0356076_04493237.png

d0356076_04390362.jpg
今回で3回目であるが 毎年、同じ内容でも良いと言われるが 秋の公民館まつりに子供たちの作品を展示するので新しい事をやりたい。学校の希望では名前の印も彫らせたいようだ。
書道 いや、小学校は書写の時間というのかナ?
手本を渡して書いたものに朱を入れて・・・では面白くない(と、私が思っているだけ?)
ひらかなやカタカナが如何して出来たか?その元は全部漢字だから漢字の成り立ちも知ってもらいたい。そして印を彫り作品を仕上げる。随分忙しい。
が、欲張っても子供たちは頑張ってくれる。
その前に 出前授業だから 教える公民館の人たちが頑張らねばならない。6月までみんなで勉強しよう!








[PR]
by souu-4 | 2017-05-08 05:45 | 書道 | Comments(14)

展覧会の準備

d0356076_07452951.jpg
      今年の会の展覧会は6月20日~25日 於大阪市立美術館
1年に1度の会としても一番大きな行事に向かって会員夫々が作品を制作し作品の選別、表具、審査、作品集の写真撮り、そして展示期間の前日の搬入、展示と進められる。
今年は 書きかけていた作品があったが 今後のお墓に関する話の為にお寺に行った時、何故か良寛さんの「花が咲いて」の詩の話になった。
急にその気になる、急に閃くのは 何時もの事。「これにしよう!」
さて、ここでの展覧会は2×8(8尺というと225㎝ほど)2×6、4×4サイズの作品を書く。2×8=16平方尺、4×4=16平方尺と中身の大きさは同じなのだ。
「尺」などと古いサイズを今も使うのが この世界である。
4×4サイズに上下2段にし 上に漢詩で、下は薄い色の紋紙に歌を書いてみた。
花無心招蝶  蝶無心尋花  花開時蝶來  蝶來時花開  吾亦不知人  人亦不知吾  不知従帝則
花が咲いて 蝶が来る 蝶が来て 花が咲く 花は無心 蝶は無心 わたしはわたし ひとはひと わたしがいて ひとがいる 自然のこころ こころのないこころ

今年と来年は当番審査員であるから賞とは関係ない。気楽に好きなものを書く。
(正直なところ 賞はもう不要であるから対象外になる作品を書くなんて不届き者だが)


d0356076_07475492.jpg

     公民館は書道以外のクラブも交代でロビーに作品を展示する。
年度初めに 割り当てがあるので期間に依っては表具などしている間のないこともある。写真や絵画のクラブのようにその都度 作品が出来る訳ではない我がクラブは準備期間が欲しい。
今回は表具が要らないハガキに書いてパネルに貼ることにした。
出来上がった作品を並べて みんなの作品が映えるように並べたい。

d0356076_07511369.jpg
         ちょっと並べて・・・「お~これでOK!」
5月1日のロビーへの展示日まで 倉庫に保管して当日より13日まで大和郡山市中央公民館のロビーでお披露目である。

2か所の展覧会の準備が出来、次の展覧会の作品を考えねば・・






[PR]
by souu-4 | 2017-04-25 08:55 | 書道 | Comments(12)

Facebook

d0356076_12203285.jpg
藝術の秋と申しますが 春も展覧会の多い季節です。
一度にあっちもこっちも見て来ようと出かけるのは良いがお喋り半分だから予定通りには進めません。
私の所属する会の中には 更に細分化された会がありお互いに見せて貰ったり見に来てもらったりということになります。
d0356076_12203919.jpg
 この日は3か所。
 私が出かけるのはJRですが その後、地下鉄に乗り換え谷町9丁目で下車、国際交流センターへ。社中展ですから皆さんの作品が並ぶ中、私の最初の師匠である炭山南木先生の懐かしい作品「鬼手佛心」=左=も展示されていました。
ここで暫し話に花が咲き 最初から少々予定オーバー。
さぁ 次は近鉄電車に乗って難波へ
私たちも秋にグループ展を開催するギャラリー香、ここは5階建てのビルで4階まで展示室になっています。
3階での若き友?仲間?の社中展、奥さまが作られている多肉植物が飾られていました。和やかな雰囲気に座り込んでしまい長時間お邪魔しました。
Facebookの友でもあるのです。その後、1階と2階に展示されている方が 昔、同じ会だった先生の社中展であることが判り寄りました。50年ほども逢っていなかったでしょうか?当時のその方の師匠の作品=上右=も展示されていました。
「煙雲吐秀」お二人とも大分前に黄泉の国へ旅立たれていますが こうして後世の人に見て頂けて喜んで頂けているのではないでしょうか?

Facebook
私がパソコンを始めたのは1999年のことです。その前年、作品をホームページに載せないかとお誘い頂き、それを見たいとPCを習うことになったのです。
それから2000年問題などというのもあり自分だけのHPも立ち上げました。
当時から遊びだから無料の範囲でとの思いがあり こちらも容量が一杯になり2015年から更新出来ていません。
2005年からblogを始めました。そして、娘の様子を見るためにはFacebookを立ち上げる必要があることが判り登録しました。
私も昔は心配するであろうことは母には言いませんでした。細かい事など親に話さないのは判りますが いつまで経っても子供の事は気になります。最近はLINEなるもので連絡していますが 「元気よ」なんて簡単な返事ですし スタンプだか?絵文字のようなもので返してくるのは如何なのでしょう? 
Facebookは覗き見しているようではありますが時々様子を見ています。
登録したからには こちらもUPしなければと思うのです。手っ取り早いですがこんな長文は不向きなようです。
余計なお世話と思うことも多々ありますが お友達の反応が早い!きっとスマホがいつも手元にあるからでしょう。
世の中、ドンドン替わりますね~




・ 
        

[PR]
by souu-4 | 2017-03-18 13:24 | 書道 | Comments(12)
line

一瞬のきらめきを大切に


by souu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31