玉響記 2

souumachi.exblog.jp ブログトップ

タグ:イベント ( 12 ) タグの人気記事

ふれあい祭り

d0356076_20255924.jpg
明日 3日は地区福祉協議会と自治連合会共催、JA協賛で開催される「ふれあいまつり」がある。
d0356076_20260813.jpg
今回も 公民館の書道クラブも作品を展示している。
d0356076_20261615.jpg
d0356076_20262396.jpg
1日だけの展示でもあり 10月には公民館まつりもあり 今までに書いた作品を展示すだけだが 丁度 1日から始まった国文祭に因んで小さい作品を作ってみたので 展示することにした。みんなの作品を並べてみると 隣に展示するハガキ絵クラブの人が来られない。急ぎ連絡されたが 全員の作品が無理なようで 空いたパネルを埋めることになり クラブの人も急遽作品を出して下さったり・・私も2008年に他の展覧会に出品した作品を出す事になった。
これは当時の画廊の天井から床までの長さで幅は10㎝余りに 陶淵明の「四時」という詩を書いたものである。普通 このサイズは展示が無理である。ここでもパネルよりずっと長いが 皆さんの工夫で何とか展示することが出来た。

春水満四澤  夏雲多奇峰  秋月揚明煇  冬嶺秀孤松
d0356076_20263004.jpg
当日は 太鼓や餅つき(写真は2年前 市長が搗かれている様子)ミニミニ運動会、吹奏楽、歌謡ショー、カラオケ大会、食べ物の販売等催されるが 毎月の競書の審査日で行くことは出来ない。







[PR]
by souu-4 | 2017-09-02 20:55 | 奈良 | Comments(2)

阿礼祭

d0356076_07483685.jpg


8月16日は賣太神社のお祭り、阿礼祭です。

d0356076_07584493.jpg

昭和5年に始まったお祭りは 今年で88回目。

d0356076_07485489.jpg
ここの神社は阿礼さまをお祀りしていますが 他に芸能の始祖神である天宇受賣命、土地方位の神・猿田彦大神も祀られています。
と、いうこともあり稗田の舞、踊り、阿礼さま音頭、阿礼さま祭こどもの歌などが奉納されます。お話、紙芝居、腹話術など一日賑やかに催されます。
(写真は出を待つ子供たち)
d0356076_07491677.jpg
午後2時ごろ 御神輿は村を回ります。
その頃、私たちは古事記を輪読します。今年は 先日、古事記の最後まで完読しましたので 序文を読みました。

d0356076_07500491.jpg
今日は25日からの展覧会の準備で 自分の作品の仕上げを自分でするという ちょっと珍しい作業に表具屋へ行きます。

こうして夏の行事は過ぎていきます。




[PR]
by souu-4 | 2017-08-17 08:40 | 奈良 | Comments(6)

自宅で見る夏の楽しみ


d0356076_16422353.jpg


夏になれば日本各地で花火大会が開催される。
規模は夫々だが わが市でも毎年「やまとの夏祭り」のフィナーレに打ち上げられる。
同時期、同時間に北の空にも遠花火が上がる。生駒市の花火だ。
今年は「なにわ淀川花火大会」がTV中継された。2つの花火を撮ってみた。
方や自宅の2階の窓からが良いのかもしれないが面格子があり撮り難いので玄関の塀を三脚代わりに撮ったもので 淀川はTVから。こういうのを使うのはイケないのかな?比べてはダメかもしれないけれど 随分違う(^_-)-☆

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/4X_PcAvnUYk" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

画像が貼り付き この画面で見られたのに そうならない。
クリックしてご覧ください。

翌6日は奈良も猛暑!庭の芝生でお昼寝?!
42℃だよ。干物が出来る!!
d0356076_16431523.jpg
この写真を娘に送ると返信が来た。
モモ(娘んちの犬)もだよ。テキサスガール!と。
二匹は13年前テキサスから娘が連れ帰った。









[PR]
by souu-4 | 2017-08-05 22:30 | 奈良 | Comments(14)

夏祭り

d0356076_13380400.jpg
先日、大阪・平野の大念仏寺(融通念佛宗の総本山)の前を通った。午後のお寺には 朝、開いていただろう蓮が窄んでいたが 種が出来ているものもあった。
7月に入ると愛染さん、住吉さん、天満の天神さんの大阪三大祭りなど次々にお祭りがある。その間に、京都の祇園祭がある。
d0356076_06131531.jpg
d0356076_06131580.jpg
d0356076_06131645.jpg


上の写真は 数年前、blogに載せたものだが この当時は京都へ行く機会も多く、地下鉄を降りると「コンチキチン」のお囃子が聞こえ心ウキウキしたことを思い出す。

左の写真は 今朝の新聞に載っていた 昨夜の宵山の人出!
これを見ると出かけるのを躊躇する。
あの頃と違うのは齢の所為だろうか?

今年も祇園祭は TV桟敷。
エアコンを効かせ お茶を飲みながら・・寝っ転がっても誰も咎めない。
これ以上の極楽はない。

天神祭りも中継がある。
それにしよう。


d0356076_13381186.jpg
先日、急いで制作した「灯り」の作品、形を替えたりホームセンターで木材を買って上手??な工作をしたり・・・そんなことをしていると これも作品にならないか?な~んて思いつくことが多い。こんなものでも良いのならと、皆さんが思ってくれると良いのだが。
暑い夏の間に 秋の準備をしなければならない。




[PR]
by souu-4 | 2017-07-17 14:27 | 大阪・京都 | Comments(14)

お骨佛開眼

d0356076_15455591.jpg

6月7日に梅雨入りしたものの快晴の日が続き、今日は曇り空ながら雨は今のところ一滴も降っていない。出かけるには良いが これでは困るのではないだろうか?
d0356076_15461176.jpg
今週は会の展覧会で良いお天気の中、搬入を済ませ近くの一心寺へ行った。
会期は20日~25日 於大阪市立美術館
写真は茶臼山から和気橋、あべのハルカスを。
美術館の北にある この橋は以前白かったが いつの頃からか赤く塗り替えられた。この下の池は河底池といい、788年(延暦7年)和気清麻呂が旧大和川の流れを変えるために上町台地を開削した際、古墳の濠を利用した名残の池だといわれている。ここからすぐの所に一心寺はあり、何度か記載したが姉たちが眠る。

d0356076_15464795.jpg
お骨佛さまは 明治20年に第1期の仏さまが作られ130年、戦後8体目で平成19年から28年までに収められた22万体の遺骨で鋳造されている。今回は14期。
一人一人のお骨は砕かれ耳かき1杯分ほどではあるが全員のお骨を この仏さまの中の台座かもしれない、光背かもしれない どの辺りに入っているかは判らないけれど必ず入っているということだった。残りのお骨は納骨堂の地下に収めてあるそうだ。その説明を信じたいと思いながら眺めていると何故か胸がいっぱいになり涙を抑えるのが精一杯だった。
d0356076_15463995.jpg
d0356076_15465439.jpg
お寺には今年もジャカランタの花が満開だった。
大勢の参拝者が引っ切り無しに訪れ賑やかだが ゆっくり眠っているのだろうか?
d0356076_15463216.jpg
d0356076_15461933.jpg
小さな我々の家の塀でも雨水などが出るように土管が埋め込まれているが このお寺には こんな可愛い飾りの動物・リスやイタチ?が付けられている これがリアルだからかお墓のお供え物を食べに来ていた小動物が あまり来なくなったという事だった。

d0356076_17253091.jpg
d0356076_15470054.jpg
展覧会の作品は 以前載せたと思うが 額に収めて展示するとこんな感じ。







[PR]
by souu-4 | 2017-06-20 17:12 | 大阪・京都 | Comments(4)

形声文字


d0356076_08054956.jpg
この ご飯は以前にも載せたが リクエストにお応えして形声文字の判り易いものは・・・と 今回はこれを使うことにした。
許慎の説文解字が作られたときに分類されたとも、それとは違うとも言われているが 漢字の造字を6種類に分類したものを六書という。象形、指事、形声、会意、転注、仮借に分類された内の形声文字を取り上げた。
d0356076_08055416.jpg

金文では こんな形に書く「飯」これが形声文字だ。
形声文字は会意文字と同じように二つ以上の漢字を組み合わせて新しい漢字が出来たもので、会意文字は元の漢字の読みは残らない。形声文字は意味を表す漢字と音(声符ともいう)を表す漢字が合わさるため、自ずと元の漢字と同じ若しくは似た発音が残される。判断が難しいかもしれないが 沢山漢字を見、辞書などで調べると判るようになると思われる。


d0356076_19263936.jpg

1日から始まった知人が出展している花展「山村御流いけばな展」
「花は野にあるように」というようにお花を曲げたりせず 自然のままに、あっさりと活けられたお花の数々。

山村御流と言えば 山村御殿、円照寺。
観終わっていただいたお抹茶、
門跡のお印の菊の御紋の焼き印のお菓子、菊の御紋の入ったお茶碗でお薄を頂いた。

会場は 随分、大勢の方で賑わっていた。

この日も犬の検尿に獣医科病院へ行ってから 駅までの途中奈良町の和菓子屋へ寄り こんなお干菓子を購入、
d0356076_19264602.jpg
d0356076_19265124.jpg
そして

d0356076_19265793.jpg
久しぶりに夫の好きな大きな三笠饅頭。
以前、よく買った2軒のお店はなくなり随分食べていないように思う。
何でも鹿があれば売れるんだろうか?

奈良は鹿だけではない筈なのに 観光客を意識し過ぎではないだろうか?

これだけ観光客が増えれば当然なのかもしれないか?
奈良・・平成24年=285000人 平成27年=1033000人
全国・・平成24年=836万人 平成27年=1974万人だそうだ







[PR]
by souu-4 | 2017-06-02 21:14 | 漢字・成り立ち | Comments(8)

ちんゆいそだてぐさ

 d0356076_21174945.jpg

 当市で開催されている「ちんゆいそだてぐさ」のちんゆいとは中国語で金魚の事 金魚がたくさん卵を産むという意味でも縁起の良い魚とされているから。また日本で最初に発行された金魚の飼育書は『金魚養玩草』(きんぎょそだてぐさ)から名付けられた。
金魚の街、大和郡山から新たな作家を沢山生み、育てるという意味から、この「ちんゆい そだてぐさ」が開催されるようになって5回目。

今年はご贔屓の筆屋さんがワークショップをされることでもあり やまと郡山城ホールのハーモニカコンサートへ行く前に行った。
午後のことでもあり 真夏日のなったが快晴の土曜日、大勢の人でお城は大賑わいだった。
 
d0356076_21175875.jpg
d0356076_21180350.jpg

d0356076_21180967.jpg
ブロ友さんでもある藍染の西井先生も出店されていた。









[PR]
by souu-4 | 2017-05-20 22:17 | イベント | Comments(8)

100年前の信楽焼

d0356076_15013911.jpg

母の日とアイの誕生日を兼ねてご近所さんをお招きして ちょっとしたパーティーを開いた。
今日の朝刊に横田めぐみさんのお母さんの短歌が載っていた。
「消えし子よ 残せるサボテン花咲けり かく小さくも 生きよと願う」朝鮮半島の緊張は続く中でも、その声がかき消されてはならない。きょうは母の日。と
13才だっためぐみさんも今年は53才。色んな母の日がある。

d0356076_15035353.jpg
ローソクに火を付けてみた。アイは鼻を近づけた。
O~~!ビックリした!!
こうして危険なことも覚えていくのだろう。二度と顔を近づけることはない。
アイのテキサス時代は ここ ↓
http://www1.kcn.ne.jp/~souu/pet/momo-ii.htm

d0356076_15093336.jpg
先日、創流100周年という会のいけばな展を観に行った。
ここの案内状に書かれている詞がいつも素晴らしい。
「雨が降り風に吹かれても 無表情だった山々があたたかみと輝きを増す光の風をうけたかと思うと 眠っていたものが呼び起されたように生き生きとまばゆい・・・・」
活けられたお花は雪餅草

d0356076_15145134.jpg
三重から奈良にかけてと四国に分布するらしい。サトイモ科の多年草。地下の扁球形の球茎から鳥足状の複葉を二葉出す。初夏、紫褐色の仏炎苞(ぶつえんほう)に包まれた肉穂花序をつけ花序の上端が白色の柔らかい球状となる。その白くふくれた部分が雪のように白く、餅のように柔らかい。
絶滅危惧II類(絶滅の危険 増大している種)に登録されているようだ。

d0356076_15152655.jpg
            活けられていた器

100年前の信楽焼だそうで 本来大切な器を二重にして外側の焼き物を割ってしまうそうだ。その割ったものらしいが 苔生したように3年間毎日 水を掛けて緑の色を出しているそうだ。
100周年記念展には100年の器と凝ったもののようだが 私の書展は40回目、テーマが「風」であるから40枚の風を書こうと計画中だ。100年には手が届かないけれど考えは案外同じなのかもしれない。









[PR]
by souu-4 | 2017-05-14 15:57 | イベント | Comments(12)

ゴールデンウイーク

d0356076_09212959.jpg
九連休という人もあるという連休も後半に入り、Uターンラッシュが始まっているとTVは報じている。
年中、休みのような そうでもないような生活をしていると混雑時は その時にしか動けない人に譲って家で大人しくしているべきだろう、とは思っている。
何十年も29日は展覧会の審査日だったが会場の都合で早めに済んだので、獣医さんへ行ったり藤を見に行ったりロビー展の展示に行ったり天平祭で少々ボランティアをしたり・・・
d0356076_09214326.jpg
         急に娘がモモ(真ん中黒い子)を連れて来た!
我が家のお墓参りに行き、大阪での姉の一周忌に出かけたりと大忙しの日々は飛ぶように過ぎていく。

d0356076_09215111.jpg

四天王寺への道、阿倍野筋商店街を少し東へ入るとマンションに囲まれた古い料亭があった。元住友財閥の別邸だといい四季折々の花が楽しめる庭に面した部屋は あの雑踏は全く感じられない静けさだった。

そんな日も花たちには関係なく季節に合わせて咲く。
朝5:45蕾だった花がウオーキングを済ませ帰宅すると7:50には開いていた。

d0356076_09215974.gif
紅い(ピンク?)の芍薬を台木に黄色い芍薬を接ぎ木したものだろうと思われるが元々の花が元気過ぎるのか沢山の花を咲かせ 黄色い花が遠慮がちに短く端っこで咲いている。花芽が付くと伐り難いので その前に切って黄色の花を大きく育てるべきではないだろうか?これは夫が担当している。これって心優しいから切れないのか 欲張りなのか?何なんだろう?








[PR]
by souu-4 | 2017-05-05 10:41 | 雑記 | Comments(6)

快慶ー日本人を魅了した仏のかたちー

d0356076_19522296.jpg

8日から始まった特別展 快慶の仏像たちに逢いに行った。6月4日まで
桜は 粗終わったようだが八重桜が満開!
公開中の博物館の庭園は 「青丹よし 奈良の都は 咲く花の にほふがごとく 今盛りなり」の歌がピッタリ!!
ガラス窓に映る桜が見事。
館内からも 外からもピンク一面に明るく輝いている。
d0356076_19524419.jpg
d0356076_19530108.jpg

公開中の庭園には 枝垂れも この通り。
この庭園には 元々大乗院庭園にあったという茶室(八窓庵)がある。
大和三茶室(東大寺・四聖坊「隠岐録」、興福寺・慈眼院「六窓庵」と八窓庵)と言われた中でただ一つ残ったものだそうだ。
宝篋印塔、国東塔、般若寺型燈籠、待合などがあり、しだれ桜の他、奈良の八重桜もある。

奈良の八重桜は 今月末から5月の初めに たった3日ほど咲くと聞くが 今は まだ ↓ こんな状態。
知足院の八重桜を見たいと思っているが 樹勢は弱く、寿命も短いとかで天然記念物に指定された樹は既に枯れてしまっているそうだ。
d0356076_19530971.jpg

d0356076_19525162.jpg
この庭園に入った場所に 大きな古木 アラカシがある。
見てきたばかりの仏像のイメージが残った目でみると これも仏さまに見えるから不思議だ。

最近、何処へ行っても海外からの観光客が多いが 着物姿の人を見かけると 大抵日本人ではない。この日、乗ったバスにも子供に浴衣を着せた家族が居た。
席を譲ると「アリガトウ」と。きっと私が海外旅行をするときと同じで この程度の言葉は覚えて来る。「thank you」「謝々!」というところだろう。
何気なく見ていると 着物を左前に着せている。ちょっと声を掛けたい気もしたが これって 如何説明すれば良いのだろう。会話の勉強はしておくべきだった(#^.^#)



・ 


[PR]
by souu-4 | 2017-04-19 09:26 | 奈良 | Comments(12)
line

一瞬のきらめきを大切に


by souu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31