玉響記 2

souumachi.exblog.jp ブログトップ

タグ:書道 ( 8 ) タグの人気記事

お骨佛開眼

d0356076_15455591.jpg

6月7日に梅雨入りしたものの快晴の日が続き、今日は曇り空ながら雨は今のところ一滴も降っていない。出かけるには良いが これでは困るのではないだろうか?
d0356076_15461176.jpg
今週は会の展覧会で良いお天気の中、搬入を済ませ近くの一心寺へ行った。
会期は20日~25日 於大阪市立美術館
写真は茶臼山から和気橋、あべのハルカスを。
美術館の北にある この橋は以前白かったが いつの頃からか赤く塗り替えられた。この下の池は河底池といい、788年(延暦7年)和気清麻呂が旧大和川の流れを変えるために上町台地を開削した際、古墳の濠を利用した名残の池だといわれている。ここからすぐの所に一心寺はあり、何度か記載したが姉たちが眠る。

d0356076_15464795.jpg
お骨佛さまは 明治20年に第1期の仏さまが作られ130年、戦後8体目で平成19年から28年までに収められた22万体の遺骨で鋳造されている。今回は14期。
一人一人のお骨は砕かれ耳かき1杯分ほどではあるが全員のお骨を この仏さまの中の台座かもしれない、光背かもしれない どの辺りに入っているかは判らないけれど必ず入っているということだった。残りのお骨は納骨堂の地下に収めてあるそうだ。その説明を信じたいと思いながら眺めていると何故か胸がいっぱいになり涙を抑えるのが精一杯だった。
d0356076_15463995.jpg
d0356076_15465439.jpg
お寺には今年もジャカランタの花が満開だった。
大勢の参拝者が引っ切り無しに訪れ賑やかだが ゆっくり眠っているのだろうか?
d0356076_15463216.jpg
d0356076_15461933.jpg
小さな我々の家の塀でも雨水などが出るように土管が埋め込まれているが このお寺には こんな可愛い飾りの動物・リスやイタチ?が付けられている これがリアルだからかお墓のお供え物を食べに来ていた小動物が あまり来なくなったという事だった。

d0356076_17253091.jpg
d0356076_15470054.jpg
展覧会の作品は 以前載せたと思うが 額に収めて展示するとこんな感じ。







[PR]
by souu-4 | 2017-06-20 17:12 | 大阪・京都 | Comments(4)

aoi (あふひ)展

d0356076_19165327.jpg
aoi なの?あふひって何?と思いません?
ここで聞いたわけではないけれど「葵」を旧仮名遣いでは こう書きますよね。
って私は旧仮名遣いを習ってませんよ。念の為!


d0356076_19171355.jpg
30年ぶりだろうか?
大学の書展を見に行った。この前、行ったのは友達の息子さんが書道部に入部し学内展に出品しているというので行って以来。今回は講師であるWさんのFacebookで知ったからではあるが・・・
この大学は 子供の頃 この近くに住んでいたが引っ越してウン10年!? もう行くこともないかもしれない。ちょっと行ってみたいと思ったから、って不謹慎かな?
d0356076_19172158.jpg
学生らしい作品を見た後、変化著しい学内を少々、校門前に居た警備の人だろうか?「ご苦労様」などと言って下さったので ちょっと立ち話。古い事を知っていらっしゃる、子供の頃にあった池もご存じのようだった。
d0356076_19172942.jpg
大学通りには 60年位前にもあった店も残っている。よく行った文具店、写真スタジオ、表札を見ると 当時の名前もチラホラ。私が住んでいた家の辺りはマンションになっていた。横に小さな小さな川があったが それはなくなっていた。暗渠になったのだろうか?
斜めだった道路はそのままだったり お墓などはそのまま、すっかり様変わりしているのかと思ったが 細かく見ると思い出すことがあって楽しかった。


d0356076_22111684.gif
d0356076_19524990.jpg
えんどう豆を使って ごま豆腐のように葛を使って作ってみた。
豆を沢山頂いたので何か作れるものはないかと調べたが思うようなものがなく適当にやったが ミキサーとすり鉢で擂って 漉し器で漉したり手間が掛った割には大した料理ではなかった。
普段の料理は目分量、適当であるが 何でもそんな調子では無理なようだ。






[PR]
by souu-4 | 2017-06-17 22:28 | 書道 | Comments(10)

会意文字

d0356076_08530724.jpg

ゆく秋の 大和の国の 薬師寺の 塔の上なるひとひらの雲
ではないが あべのハルカスの上なるふたひらの雲がくっきり真っ青な空に浮かぶ。
大阪の空も こんなにキレイ!!
d0356076_09232836.jpg
もう、随分長く囲まれている東塔ではあるがタブレットには懐かしい写真が表示される。2008年に撮った東塔だが来年2018年に工事も終わる予定だったが後2年延長になるらしい。が、又こんな姿が見られるだろうか。
1963年に亡くなった佐佐木信綱は この東塔の上の雲を見た時は ノンビリと一片の雲が浮かんでいたのだなぁ

d0356076_08531514.jpg
先日より このホテイアオイの鉢がお気に入りなのか蛙が住みついている。
ふと見ると2匹に増えているではないか。1匹は堂々と私の方を見る。が、もう1匹は じ~~っと様子を窺うように葉っぱの陰で身を縮めている、シャッター音に飛び出して何処かへ行った。

暑い日差しを避け葉っぱの傘の下は快適なのだろう。
今朝は17.5℃だったが日中32℃。

まだ5月なのに・・・


d0356076_08535939.jpg

こんな本を買った。
小説は 新聞の連載を読むから あまり買わない。なのに火花も劇場も買って読んだ。何故なんだろう?又吉直樹は子供と孫の間くらいの年齢だし 好きとか嫌いなどという対象では勿論ない。なのに何故か気になる。
まぁ他の小説でも作家さんが誰であれ 読むのだから関係ないか?唯、読み易いものを読む、それだけだ。





今日のタイトルに中々到達しない。
d0356076_08532566.jpg
これは去年の初冬に撮ったもので以前にも載せたと思う。
6月の出前授業に この写真を持参しようとプリントし直した。
その時にも書いたかと思うが これが「会意文字」 見たまま出来た漢字は象形文字の筈だが・・

「木」と飛んできた「鳥」  これを組み合わせて ?

鳥はとりでも「隹」
この「隹」は「ふるとり」と言うが

何故?



    舊
この字を知っているって 相当古い人間かもしれない。
d0356076_13544691.jpg
そうなのです。
「旧」という字の旧字体で 中に「隹」があるので「ふるとり」といい この字が木の上にあって「集」となる。この写真は この漢字そのものでしょ!

こうして組み合わせて出来た漢字を「会意文字」という。




[PR]
by souu-4 | 2017-05-30 14:01 | 漢字・成り立ち | Comments(12)

雑用の日々

d0356076_05415734.jpg

季節の変わり目は何かと雑用が多い。
衣類の入れ替えをしたと思うと 又寒い日があったり、ハッと気が付けば庭は草茫々。犬にはヒラリアやダニ予防薬を飲ませなければならない季節でもある。


d0356076_05415827.jpg

教室の弟子たちには手本を見て書くだけでは上達も少なく、他人の作品の鑑賞方法も判らないでは興味も半減だろうと思うので 創作が出来るように指導している。
書く用紙の加工や墨色、筆の選び方なども知って貰いたい。表具も簡単なことが出来るようになってほしい。少々欲張りかもしれないが。
その作品が完成すればネットにUPして見て頂けるようにと思っている。
http://souuy.exblog.jp/

それらの準備など意外に時間が取られる。が、私の生きがいなのかもしれない。


d0356076_06172084.jpg
来月からハガキの料金が上がる。先日、書き損じた葉書を交換に行った時、値上げを知ったが 通常葉書だけで年賀葉書は52円のままらしい。年賀状を減らさなくってもイイ!
2円だった頃のハガキも大事に保存しているバアサンは葉書の愛用者だ。










[PR]
by souu-4 | 2017-05-11 06:31 | 雑記 | Comments(10)

出前授業

d0356076_04385180.jpg
ゴールデンウィーク明けの月曜日

さぁ! 平常の生活に戻ろう。
といっても左程変わりのないバアサンが言うのも変かな?
d0356076_04385755.jpg
いつものように月曜日は中央公民館のお稽古日、元気に出発出来るのはイイ!
夕方は 今年も地元の小学校へ出前授業に行く為の打ち合わせ。
d0356076_04493237.png

d0356076_04390362.jpg
今回で3回目であるが 毎年、同じ内容でも良いと言われるが 秋の公民館まつりに子供たちの作品を展示するので新しい事をやりたい。学校の希望では名前の印も彫らせたいようだ。
書道 いや、小学校は書写の時間というのかナ?
手本を渡して書いたものに朱を入れて・・・では面白くない(と、私が思っているだけ?)
ひらかなやカタカナが如何して出来たか?その元は全部漢字だから漢字の成り立ちも知ってもらいたい。そして印を彫り作品を仕上げる。随分忙しい。
が、欲張っても子供たちは頑張ってくれる。
その前に 出前授業だから 教える公民館の人たちが頑張らねばならない。6月までみんなで勉強しよう!








[PR]
by souu-4 | 2017-05-08 05:45 | 書道 | Comments(14)

展覧会の準備

d0356076_07452951.jpg
      今年の会の展覧会は6月20日~25日 於大阪市立美術館
1年に1度の会としても一番大きな行事に向かって会員夫々が作品を制作し作品の選別、表具、審査、作品集の写真撮り、そして展示期間の前日の搬入、展示と進められる。
今年は 書きかけていた作品があったが 今後のお墓に関する話の為にお寺に行った時、何故か良寛さんの「花が咲いて」の詩の話になった。
急にその気になる、急に閃くのは 何時もの事。「これにしよう!」
さて、ここでの展覧会は2×8(8尺というと225㎝ほど)2×6、4×4サイズの作品を書く。2×8=16平方尺、4×4=16平方尺と中身の大きさは同じなのだ。
「尺」などと古いサイズを今も使うのが この世界である。
4×4サイズに上下2段にし 上に漢詩で、下は薄い色の紋紙に歌を書いてみた。
花無心招蝶  蝶無心尋花  花開時蝶來  蝶來時花開  吾亦不知人  人亦不知吾  不知従帝則
花が咲いて 蝶が来る 蝶が来て 花が咲く 花は無心 蝶は無心 わたしはわたし ひとはひと わたしがいて ひとがいる 自然のこころ こころのないこころ

今年と来年は当番審査員であるから賞とは関係ない。気楽に好きなものを書く。
(正直なところ 賞はもう不要であるから対象外になる作品を書くなんて不届き者だが)


d0356076_07475492.jpg

     公民館は書道以外のクラブも交代でロビーに作品を展示する。
年度初めに 割り当てがあるので期間に依っては表具などしている間のないこともある。写真や絵画のクラブのようにその都度 作品が出来る訳ではない我がクラブは準備期間が欲しい。
今回は表具が要らないハガキに書いてパネルに貼ることにした。
出来上がった作品を並べて みんなの作品が映えるように並べたい。

d0356076_07511369.jpg
         ちょっと並べて・・・「お~これでOK!」
5月1日のロビーへの展示日まで 倉庫に保管して当日より13日まで大和郡山市中央公民館のロビーでお披露目である。

2か所の展覧会の準備が出来、次の展覧会の作品を考えねば・・






[PR]
by souu-4 | 2017-04-25 08:55 | 書道 | Comments(12)

写真の加工

d0356076_19543672.jpg
iPadで photoBoothというアプリがある。撮影した写真を加工する。
サーモグラフィ・ミラー・X線・万華鏡・光のトンネル・スクイーズ・渦巻・引き伸ばしと普通の写真の9種類。

d0356076_19543665.jpg
サーモグラフィは温度差が判る、と言ってもiPadが感知出来るのではないらしい。それ風に色付けされるというお遊び。

d0356076_19543685.jpg
同じものを使っても 文字だと こんな感じ。

d0356076_19543692.jpg

また「絆」を引き伸ばしで あっちを引き延ばしたりこっちを縮めたりしてみた。面白い字になる。

もう一つ
Office Lens というソフトをインストールした。

d0356076_19552085.gif
こちらは展覧会場などで 作品を撮影すると歪んで写ることが多い。
その画像を真っ直ぐにしてくれる。便利なものだ。
ドンドン進化する。機械に助けられることが多くなったが これを素直に喜んでいて良いのかな?人間も考える人は良いけれど そうでない者も大丈夫?








[PR]
by souu-4 | 2017-04-13 05:54 | 雑記 | Comments(10)

Facebook

d0356076_12203285.jpg
藝術の秋と申しますが 春も展覧会の多い季節です。
一度にあっちもこっちも見て来ようと出かけるのは良いがお喋り半分だから予定通りには進めません。
私の所属する会の中には 更に細分化された会がありお互いに見せて貰ったり見に来てもらったりということになります。
d0356076_12203919.jpg
 この日は3か所。
 私が出かけるのはJRですが その後、地下鉄に乗り換え谷町9丁目で下車、国際交流センターへ。社中展ですから皆さんの作品が並ぶ中、私の最初の師匠である炭山南木先生の懐かしい作品「鬼手佛心」=左=も展示されていました。
ここで暫し話に花が咲き 最初から少々予定オーバー。
さぁ 次は近鉄電車に乗って難波へ
私たちも秋にグループ展を開催するギャラリー香、ここは5階建てのビルで4階まで展示室になっています。
3階での若き友?仲間?の社中展、奥さまが作られている多肉植物が飾られていました。和やかな雰囲気に座り込んでしまい長時間お邪魔しました。
Facebookの友でもあるのです。その後、1階と2階に展示されている方が 昔、同じ会だった先生の社中展であることが判り寄りました。50年ほども逢っていなかったでしょうか?当時のその方の師匠の作品=上右=も展示されていました。
「煙雲吐秀」お二人とも大分前に黄泉の国へ旅立たれていますが こうして後世の人に見て頂けて喜んで頂けているのではないでしょうか?

Facebook
私がパソコンを始めたのは1999年のことです。その前年、作品をホームページに載せないかとお誘い頂き、それを見たいとPCを習うことになったのです。
それから2000年問題などというのもあり自分だけのHPも立ち上げました。
当時から遊びだから無料の範囲でとの思いがあり こちらも容量が一杯になり2015年から更新出来ていません。
2005年からblogを始めました。そして、娘の様子を見るためにはFacebookを立ち上げる必要があることが判り登録しました。
私も昔は心配するであろうことは母には言いませんでした。細かい事など親に話さないのは判りますが いつまで経っても子供の事は気になります。最近はLINEなるもので連絡していますが 「元気よ」なんて簡単な返事ですし スタンプだか?絵文字のようなもので返してくるのは如何なのでしょう? 
Facebookは覗き見しているようではありますが時々様子を見ています。
登録したからには こちらもUPしなければと思うのです。手っ取り早いですがこんな長文は不向きなようです。
余計なお世話と思うことも多々ありますが お友達の反応が早い!きっとスマホがいつも手元にあるからでしょう。
世の中、ドンドン替わりますね~




・ 
        

[PR]
by souu-4 | 2017-03-18 13:24 | 書道 | Comments(12)
line

一瞬のきらめきを大切に


by souu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30