玉響記 2

souumachi.exblog.jp ブログトップ

華 花 はな

d0356076_08203315.jpg

新緑が美しい良い季節です。朝晩はまだ冷えますが日中はブラウス1枚で歩ける季節とは言え、日によって寒暖の差は大きいようです 半袖の人あり着こんでいる人ありと 昔のように6月になれば一斉に衣替えなどということはないようです。
d0356076_08202603.jpg
一昨年は 練成会に行くつもりで家を出ましたが姉の調子が悪くなり急遽変更しました。その翌年は それを思い出して足が向かず 今年は久しぶりに出かけました。
d0356076_08201529.jpg
帰りのバスを待っていると 卯の花が咲いていました。
d0356076_08203800.jpg


卯の花の 
匂う垣根に
時鳥 早も来
鳴きて
忍音もらす
 夏は来ぬ


あぁ 

もう夏なんだ!!














翌日、友達が出品している花展を見に行きました
d0356076_16143329.jpg
彼女の花は黒花蝋梅だそうです。家にあるのも 私の知識の中も黄色く咲く蝋梅しかしりません。こんな花が今頃咲くのですね。
珍しい?!
d0356076_16143964.jpg
ここのお花は楚々として好きなお花です。
が、展覧会ともなると珍しい花を探すのでしょうね。桑の実が活けられていました。子供の頃は蚕に与える葉っぱを畑へ貰いに行きました。そして甘酸っぱい実を口に入れると すごい色が付きました。
懐かしい!

d0356076_16144400.jpg
カラーの花!これも今頃咲くんだったでしょうか?

60年も前ですが 父が亡くなった時を思い出すので あまり好きにはなれなかったのです それなのに植えていた時期がありましたが いつの間にか消えてしまいました。
ちょっと悲しくなる花です
d0356076_16145142.jpg
これを見て テンシバを横切り大阪市立美術館の前を通っただけですが Facebookに市長が載せておられた「江戸の戯画」展が開催されています。ちょっと興味があるのですが時間がなく素通りデス
d0356076_16145747.jpg
この坂を上り 一心寺へ。
この日は姉夫婦の3回忌、久しぶりにみんなが集まりました。
ひとり増えたのです。姪の子供が結婚し お嫁さんを連れて来てくれました。
減ったり増えたり・・・世の移り変わりって そんなものですかね。



[PR]
by souu-4 | 2018-05-20 17:09 | イベント | Comments(6)
Commented by 片田舎動物病院 at 2018-05-21 07:26 x
新緑が美しい時季になりましたね。

昨日、世界遺産白川郷に向けて
バイクで飛騨路を走りましたが、
山頂に少し残った雪と
緑のコントラストがが見事でした。
Commented by souu-4 at 2018-05-21 15:17
片田舎動物病院 さま
山にはまだ雪が残っているのですね~。
それでも季節が来れば樹々は芽を伸ばし薄緑から濃い緑へ
替わっていくのですネ
バイクで走るのも気持ちの良い季節になっているのですね
Commented by rollingwest at 2018-05-22 22:20
まさに目に輝く青葉!週末は4月新緑の頃のような爽やかさなでしたね!快晴の休日はよき時間を過ごされましたでしょうか?今日もカラッとして気持ちよかった~!。こんな季節がずっと続いてほしいです。
Commented by jamagin at 2018-05-23 13:31
この展覧会のチラシはずっと財布にはいってます・・・踊る金魚が楽しくて。
観たい観たいの思いだけしまってます・・・
Commented by souu-4 at 2018-05-24 04:46
rollingwest さま
良い季節ですね。晴れたり降ったりが草木にとっては良いのでしょう
新緑が綺麗です。が、庭の草は大喜び、これには早くも負けています。
間もなく梅雨に入るのでしょうけれど 先を心配せず今を楽しむべきでしょうね
Commented by souu-4 at 2018-05-24 04:52
jamagin さま
大阪では6月10日まで開催中です。
『金魚づくし』シリーズのコーナーは身動きがとれない程人気らしいですね。
わが市は金魚の街ですから市長は 金魚の魅力は時代を超えてます
とFacebookに書かれています。
line

一瞬のきらめきを大切に


by souu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30