玉響記 2

souumachi.exblog.jp ブログトップ

紙漉きの郷

d0356076_19474906.jpg
久しぶりに 奈良県は吉野の紙漉きの工房を訪問した。
数年前、何度か訪れた福西紙本舗とは 吉野川をグルっと回った辺りになるだろうか 植和紙工房である。

↓↓↓  クリック!!

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/7JTKBCfXVk4" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

d0356076_19475689.jpg
紙漉きと言えば真冬の冷たい川に入り楮など原料を晒した。
この写真のバケツに火を入れ お湯に手をつけながら作業した。

d0356076_19480334.jpg
その後、作業場へ引かれた水を使うようになったようであり 天日干しにしていた和紙も乾燥機を使うようになったようだ。
平成12年に 訪問した時のものは ↓ ここ
http://www1.kcn.ne.jp/~souu/wasinosato.htm

当時は 作業所の前に 沢山の和紙が干されていた。
その後、お箸の製造などに転職された家も多く 端切れなどを燃やす煙が紙に着くとダメになるので 現在は室内での作業になっているそうだ。
d0356076_19481081.jpg
この夏の展覧会のテーマは「光」
こんな紙は使えないだろうか?動画に載せた用紙は?こっちは秋の展覧会に使おうか?
紙を見ると・・・( ^ω^)
また、楽しみが出来た。



[PR]
by souu-4 | 2018-06-01 00:01 | 奈良 | Comments(6)
Commented by rabbitjump at 2018-06-01 19:26
和紙をすく作業も大変ですね。
この作業をする方も少なくなっているのでしょうね。
丈夫な和紙、大事に存続してほしいです。
souu先生、透け感のある和紙で、
また素晴らしい発想に期待しております。

日本画では使っていますが、
先日は、ちょっとおしゃれをと^^
和紙で作った帽子を買いました。
Commented by おせっちゃん at 2018-06-02 16:07 x
和紙すきの技術は世界遺産に登録されたのでしたね。
奈良でも漉いているのですね。東京近く(確か埼玉県)の小川町という所も紙漉きで有名なところです。
一度見学に行き、手取り足取りではありますが、自分で漉いて和紙一枚貰って帰りました。
Commented by souu-4 at 2018-06-02 19:04
rabbitjump さま
ここでも後継者問題が大変そうです。是非継承してほしいですね
この色紙は書いてみたのですが 失敗でしょう(#^.^#)
まぁ芸術だからと開き直るかゴミ箱行きか?
その帽子に日本画を?一点ものですね(^O^)/
Commented by souu-4 at 2018-06-02 19:27
おせっちゃん 様
そうそ世界遺産ですね。奈良の和紙ではないですが・・・
和紙には水と空気が綺麗であることが大切ですが産地は全国に
散らばってますね。色んな事体験されていますね。
Commented by asayannj at 2018-06-03 10:44
吉野にも手漉き和紙の工房があるのですね。
独特の風合いを持つ和紙は好きですね。
書をされておられる方には切り離せないものですね。
発想をめぐらして 楽しみでもありますね。
こちらにも今立という越前和紙で有名な地域があります。
昔和紙人形を作ってた頃に 和紙作りの体験や工房を
訪ねて買い物をしました。
Commented by souu-4 at 2018-06-03 21:28
asayannj さま
色んなものを経験されているのですね。手先が器用なのでしょう。
日本中に和紙を漉いている所はありますね。高知などへも行った
ことがありますが 今はもう近場しか行けません。夫々特徴もあり
色んなものに書きたいのですが余命を考えると多くは買えませんネ
line

一瞬のきらめきを大切に


by souu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30