玉響記 2

souumachi.exblog.jp ブログトップ

お星様は何処?

例年、梅雨の時期に迎える七夕ですから キラキラ輝く星が見えないのが当たり前かもしれません。
早々と梅雨が明けた関東の皆さんは見えますか?

d0356076_08242684.jpg
こちらは今夜も期待は出来ません。今朝はささやかにソーメンでなくソーメンのように細いスパゲティを使って星を添えたサラダにしてみました。

今日も「雨」
d0356076_19123786.jpg
3月の展覧会に出品した作品の写真を送っていただきました。
私の憧れる写真を撮られている方です。
d0356076_19125060.jpg
これは 鳥の羽で出来た筆です。何度か書いてみましたが中々作品にはなりません。
d0356076_19125619.jpg
展示をしてみると ここにこんなものがあっても良いのではないかと思う事があります。今回は早めに展示させて貰えたのでオープンまで余裕があったのが幸いでした。長ーーいタペストリーの前に灯りがあればイイかな?と急遽作ったもの。
d0356076_19124580.jpg
古事記から2点 作品を書きました。1点は最古の和歌と言われる「八雲立つ 出雲八重垣・・・」ですが、この作品は遠い親戚で須佐之男命を祀る神社があり 無理に貰って頂きました。
もう、1点は国生みの部分から 天の浮橋の上にたち、漂う塩水を天沼矛(あめのぬぼこ)で「こおろこおろ」と掻き回し大地をつくったという神話から

天浮橋而指下其沼矛以畫(画)者塩許袁呂迩畫(画)鳴而引上時自其矛末垂落塩之累積成嶋是淤能碁呂嶋

天の浮橋に立たして、その沼矛指し下して畫き給えば、鹽こおろこおろに畫き鳴して、引き上げ給う時に、その矛の末より垂り落つる鹽、累なり積りて島と成る

の部分より「淤能碁呂嶋」の部分をくしゃくしゃにした紙に書き裏打ちで綺麗に伸ばしてしまわないようにしました。
とても苦心して撮っていただいたと思います。 




昨日6日は 4時22分エリアメールに起こされました。
d0356076_08242699.jpg
d0356076_08294249.jpg
我が家の近くには1級河川である佐保川があり 大和川へ流れています。
その佐保川には秋篠川、地蔵院川などが流れているのですが その地蔵院川は数年前には何度も溢れ道路が冠水しました。雨が降るとどれくらいの水嵩か気になるのです。が、改修が進み殆ど心配はなくなりました。そこには古い橋が何本も架かっています。いつも通る橋は こんな橋脚なのですが水がひくと1本なくなっていたのです。当分渡れません。
この日はずっと降り続いた雨に 予定していた小学校の寺子屋授業も中止になり、時折雨が小降りになるのをみて犬の散歩に行ったりはしていますが 家に閉じ籠ってTVを見るという生活は性に合いません。
この日はオウムの死刑囚たちが執行されたこともあり TVは賑やかです。
久しぶりに江川紹子さんや当時のアナウンサーの映像が出てきて 忘れていたことが色々蘇りました。上九一色村は当時ずっと報じられていた地名ですが 名前も替わり すっかり当時とは変わっているようです。
こんな事や 川の増水で58水害(S58年に起こった水害)のことや娘時代、六甲山で水害にあったことなど思い出しました。

そうこうしていると弟子のご主人が亡くなったというのでお悔やみに出かけたり やっぱりジッとしていないのです。
時間があれば するべき用事もある筈なのに 何だか落ち着かず長ーい一日でした。


[PR]
by souu-4 | 2018-07-07 11:07 | 奈良 | Comments(12)
Commented by midori at 2018-07-07 22:23 x
雨が止みましたが
こちらでも残念ながら 雲っていて星空ではありません。
七夕に合わせて 七夕サラダを作られたのですね。
私は ただスーパーで買った天の川に織姫、彦星の小さな練り切りの和菓子を買って食べました。

鳥の羽で出来た筆での書き味はどうなのでしょう?
私には難しそうです・・

西日本では豪雨でタイヘンなことになっていますが
souuさんのところでは雨は大丈夫でしたでしょうか。
Commented by 由乃 at 2018-07-07 22:36 x
こんばんは
七夕の今日は、こちらでも笹流しのイベントがあったのですが
この雨でどうなったのか・・・
鳥の羽の筆、素晴らしいですね~
我が家もヒマワリの種を蒔いたら
花が咲きました!!
Commented by susatan at 2018-07-08 00:46
souuさん こんばんは♪
すごい雨が続きました お住まいのあたりは大丈夫でしたか?
今しばらくは 川の近くの散歩は 控えてくださいね

七夕 souuさんの素麺のお写真が 目に焼き付いてます^^
素麺でなくっても お星さまのサラダ 七夕らしさが漂う食卓ですね!!

souuさんの個展 ほんとに表現にアイデアがキラキラしてて とても楽しゅうございました
楽しいだけでなく 墨の色に引き込まれたり 額からはみ出そうな 淤能碁呂嶋にはドキドキしました。
目の前に その島が見えそうな気がしたんですょ~
矛からポタポタと滴る雫が 見えそうでした

鳥の羽の筆には ときめきました^^
おしろいを頬っぺたに綺麗に塗れそうなくらいの軽やかさ
これで 文字を書くんですね~~ 想像できません^^

これからも 益々 お元気で あっ!!と驚くようなときめきを見せてくださいませ
写真 お使いくださいまして ありがとうございました 感激です!!
Commented by souu-4 at 2018-07-08 05:20
midori さま
昨夜の七夕でお二人は逢えたのでしょうか?そちらは地震のおまけ?まであり 
日本中が荒れ狂ってますね。あの雲が通った辺りの大変さ!TVを見るだけで
疲れます。どうか穏やかであってほしいです。こちらは一応収まっているようです
Commented by souu-4 at 2018-07-08 05:24
由乃 さま
色んなイベントは中止になっているのでしょう?
これからヒマワリが咲くのを楽しみに 今度は暑さに耐えるのでしょうか
羽の筆 中々難しいです。小学校の授業で見せたりするのに持って行ったり…
Commented by souu-4 at 2018-07-08 05:31
susatan さま
本当にホントに有難うございました。展覧会に花を添えて頂きました。
おのころ島はおらが島だと名乗っている所が何か所かあるそうですが
私は淡路島と思っています。それから四国が出来九州が出来・・
夢があって好きなのですが夫は全く信じません。
そんな風に見ていただけた方がお一人でもいて下さった事 嬉しいです
そのお言葉に また‼なんて元気が出て齢を忘れます、深謝デス
Commented by rabbitjump at 2018-07-08 09:24
星のサラダに、さすが、
souu先生のセンスがうかがえてうれしいです。
私の好きな文字、かなの美しさを拝見でき、
ここでもW嬉しいです^^

紙をもんで、、よいですね~
日本画でも和紙をもんで描いたり、
描いてからもんだりします。
面白い作品に仕上がります。

Commented by syo-kunin at 2018-07-09 06:33
SOUU先生、こんにちわ。。。

こちらは曇りで天の川は見れませんでした(/_;)
星形の人参、可愛いですね~!!

オウム事件、7人いっぺんに執行されるとは驚きました。
真面目(信者)な人だからあ~ゆう胡散臭い教祖に魅かれちゃうんでしょうね。
あの変なお面を被った信者がショコショコショ~コ~のBGMに合わせて
踊っているのを当時勤めていた会社近く(中野駅近辺)で見ましたよ!!
Commented by souu-4 at 2018-07-09 20:28
rabbitjump さま
もっと上手く作れると良いのですが いい加減です。
書の作品もいい加減ですが。
こおろこおろと滴り落ちる感じを文字だけで表せれば良いのですが
紙や墨に助けてもらっています。絵もそんな事ありますか?
Commented by souu-4 at 2018-07-09 20:31
syo-kunin さま
そちらも天の川は見えなかったのですか?
関西も梅雨明けし いよいよ暑さ厳しくなりそうです。
それでも被害があった所はタイヘンですが 普通に生活出来るのは
有難いです。TVもオウムの報道と水害で大忙しでしたね
Commented by rollingwest at 2018-07-11 06:24
素晴らしい書ですね。筆使いといい象形の美しさも・・。雨の字に穏やかな降り方の願いを込めて・・。西日本の豪雨は本当に大変なことになりましたね。被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。地震や豪雨で毎年天災に悩まされる日本ですが平穏無事の日常を過ごせることが一番ですね。
Commented by souu-4 at 2018-07-11 09:03
rollingwest さま
日本中 災害のない所はないと判ったように思います。
雨や風は穏やかで有難いのもあり 困るほどのものありですが
全くなしでなく必要最低限であって貰いたいと願うばかりです。
line

一瞬のきらめきを大切に


by souu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31