玉響記 2

souumachi.exblog.jp ブログトップ

2018年 07月 01日 ( 1 )

半端ない

d0356076_20123805.jpg
テレビから流れる言葉遣いにも ついていけないことがある。
「半端ない」よく聞くが 半端じゃない?何が半端なのか?中途半端ではないということなのか?

d0356076_20125031.jpg


「全然大丈夫です」「全然いいです」など、「全然」とは否定語ではないのか?
全然はダメな時に使っていたと思うけれど これだと否定してるのか肯定してるのか判らない。
d0356076_20125934.jpg
「~でよろしかったでしょうか」ってナニ?何で過去形になるのか。
レジで「1万円からでよろしかったでしょうか?」
「ご注文は以上でよろしかったですか?」
「お箸は、おつけしてよろしかったですか?」
d0356076_20130662.jpg
「~になります」
何時なるのよ~!いつまで待てば良いの?
d0356076_20131347.jpg
「ら」を抜くのが当たり前になってきており、「ら」を付ける方がまるで間違いみたいな感覚にすらなってきている。
「食べられる」を「食べれる」「朝、起きられる?」を「朝、起きれる?」

言葉は最初、誰かが間違って使うと やがて それを使う人が多くなってきて正しい言葉と間違った言葉がある状態になる。それは言葉の「揺れ」というそうだ。そして みんなが間違った使い方をするようになり、それが正しい言葉として定着することになる。言葉はそうやって変化していくようだ。
生きている言葉は常に変化し続けている。変化の最初は「言葉遣いの間違い」として始まり「間違い」をする人が多くなると,それは「言葉の揺れ」と認識され さらに多数の人が使うようになると、それは「変化」になる。「正しい言葉遣い」とは多数決で決まるものだと池上彰さんが語られたことがあった。

聞きなれない言葉遣いが気になるのも 古い人間だからだろうか?



[PR]
by souu-4 | 2018-07-01 21:36 | 雑記 | Comments(10)
line

一瞬のきらめきを大切に


by souu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31