玉響記 2

souumachi.exblog.jp ブログトップ

2018年 07月 07日 ( 1 )

お星様は何処?

例年、梅雨の時期に迎える七夕ですから キラキラ輝く星が見えないのが当たり前かもしれません。
早々と梅雨が明けた関東の皆さんは見えますか?

d0356076_08242684.jpg
こちらは今夜も期待は出来ません。今朝はささやかにソーメンでなくソーメンのように細いスパゲティを使って星を添えたサラダにしてみました。

今日も「雨」
d0356076_19123786.jpg
3月の展覧会に出品した作品の写真を送っていただきました。
私の憧れる写真を撮られている方です。
d0356076_19125060.jpg
これは 鳥の羽で出来た筆です。何度か書いてみましたが中々作品にはなりません。
d0356076_19125619.jpg
展示をしてみると ここにこんなものがあっても良いのではないかと思う事があります。今回は早めに展示させて貰えたのでオープンまで余裕があったのが幸いでした。長ーーいタペストリーの前に灯りがあればイイかな?と急遽作ったもの。
d0356076_19124580.jpg
古事記から2点 作品を書きました。1点は最古の和歌と言われる「八雲立つ 出雲八重垣・・・」ですが、この作品は遠い親戚で須佐之男命を祀る神社があり 無理に貰って頂きました。
もう、1点は国生みの部分から 天の浮橋の上にたち、漂う塩水を天沼矛(あめのぬぼこ)で「こおろこおろ」と掻き回し大地をつくったという神話から

天浮橋而指下其沼矛以畫(画)者塩許袁呂迩畫(画)鳴而引上時自其矛末垂落塩之累積成嶋是淤能碁呂嶋

天の浮橋に立たして、その沼矛指し下して畫き給えば、鹽こおろこおろに畫き鳴して、引き上げ給う時に、その矛の末より垂り落つる鹽、累なり積りて島と成る

の部分より「淤能碁呂嶋」の部分をくしゃくしゃにした紙に書き裏打ちで綺麗に伸ばしてしまわないようにしました。
とても苦心して撮っていただいたと思います。 


More(クリック!)=長い一日=
[PR]
by souu-4 | 2018-07-07 11:07 | 奈良 | Comments(12)
line

一瞬のきらめきを大切に


by souu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31