玉響記 2

souumachi.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:雑記( 38 )

平成最後の終戦の日

今日は終戦の日、いや敗戦の日です。
記憶力は悪いという事もありますが、振り返るより前を向いて進みたいと思っているのですが。
進むには残りが少なくなってきました。この際、振り返って少しでも戦争はしてはいけないということを後に残る人に伝えるべきなのかもしれません。そう思う人が多いことも感じます。
今朝の新聞に終戦2週間後に当時11歳だった今の天皇陛下に香淳皇后が書かれた手紙とその返信でしょうか 陛下の手紙が載っていました。
=戦なき世を歩みきて思ひ出づ かの難き日を生きし人々=
30年間 一度も欠かさず追悼式に出席を続けられ来年は皇太子へ引き継がれます。
d0356076_16233793.jpg
私は大阪で生まれ幼稚園まで育ちました。この写真の裏には母の筆跡で昭和15年10月 防空演習の日と書かれています。この時の記憶は全くありませんので 映画かドラマのシーンのような気がします。既にモンペを履いています。これが嫌いだった記憶はあります。着物を潰して作ったのでしょう。紐を腰で括るのでトイレが間に合わないのです。この時、満3歳です。足手まといだったでしょうね。その後この辺りを訪れた時のことは誕生の地」=リンクあり=に書いています。
d0356076_16234455.jpg
幼稚園の「オサイク」と書かれた冊子のようなものが何故か残されて 中にこんなものがありました。金鵄勲章、キンシクンシャウと旧仮名遣いになっています。

d0356076_07353431.jpg
大日本帝国海軍と書かれたのは 勿論、先生でしょうけれど こんな子供にもそういう思想?を教育されたのでしょう。
幼稚園卒園後、奈良へ疎開しました。そこでは疎開っ子という目で見られ 今でいうイジメだったと思いますが そんな風には感じませんでした。
2年生の時の担任は 何故かそんな子たちをも大事にして 疎開先から転校していく時、街の写真館で記念写真を撮りに連れて頂きました。去年、亡くなり探したのですがその写真が見当たらないのです。
疎開後、大阪の第1回目の空襲で我が家は焼けました。3月13日23時57分~14日3時25分(約3時間半)大阪上空を飛んだB29は274機、アメリカの目標に我が家の辺りは入っていたことが書かれています。136,107戸 が被災したそうです。当然、私が通っていた幼稚園も全焼だったようです。
大阪では8月14日まで8回 大空襲があったようです。
祖父母だけが残っていたのですが その時の話は聞いていませんが姉が戦火の中 祖父が勤めていた銀行へ行ったらしいと話してくれた事がありました。奈良から生駒山の向こうが真っ赤だった記憶はあり 翌朝、父が探しに行きました。夕方、疲れ果てて足にマメを作って帰宅した事、その後数日して祖父母が疎開先へ来たことは覚えています。

学校へは小1でも馬草(まぐさ)を持って行く為 母と採りに行ったりイナゴを焼いて食べたり 私たちにはあまりまともな食料はなかったのか腐りかけたさつま芋を食べた記憶はあります。4才年上の姉は勤労奉仕に行ってました。
学校の帰り姉と歩いていると飛行機が低く飛んできて、近くを歩いていた従兄弟のお兄ちゃんが堤防の下へ押し倒してくれた事があり 多分、敵機だったと思われますが ひょっとして命拾いしたのかもしれません。
アルミのお弁当箱にジャガイモを裏ごしして白いご飯に見えるように入れたものを持たせてくれた事がありました。疎開先ではお百姓さんの子はご飯や分厚いおかきを食べていたのが羨ましかったです。
この辺りも私はボーッとした子だったのか詳しい記憶はなく 夏休みにお習字を習いに行ったこと、貧しいながら筆や硯もあったのは母が無理をしてくれたのか恵まれた方だったのでしょう。
大阪の焼け野原には数回行ったようで 疎開に持って行けないお皿やお茶碗が地中に埋められていました。ガラスのコップなどが瀬戸物にくっ付いて使い物ならないようでした。随分高温で溶けたのでしょう。

3年生の夏休みに大阪へ引っ越しました。勿論、元の家ではありません。
4,5年生になった頃には お稽古事をする人も出てきましたが そんな余裕はなかったようで高校生になって書道を習わせて貰ったのが最初でした。

記憶も曖昧です。それでも戦中、戦後は不自由もありましたが それが当たり前だと思っていました。不自由な生活にも耐えられる自信はあり我慢する事を覚えたのは収穫だったかと思います。




[PR]
by souu-4 | 2018-08-15 17:57 | 雑記 | Comments(2)

山の日

d0356076_15023263.jpg
昔 むかし 山が大好きだった。と、言ってもそれ程多くは登ったわけではない。
世の中が移り変わり 映像はドローンを使って縦走する所も撮影されるようになった。
昨年の山の日だったと思うが「北アルプスドローン大縦走」圧倒的なドローンの映像美で名峰、槍ヶ岳と穂高岳に迫ったもので感激した、あの日から1年が経過し今年も立山と剱岳。
d0356076_15023973.jpg
立山は 何度か行った事がある。殆どバスで行けるので登ったという感覚ではないが。 称名滝は落差日本一と言われるが下から見上げただけ。映像では角度を変え迫力満点!
特に剱岳は日本最難関とも呼ばれる険しい岩肌が特徴の山。山また山という圧倒的な山岳風景はもちろん、断崖絶壁の難所・カニのたてばいなど、登山熟練者のみが立ち入ることを許される場所の映像はスゴイ!!
いつも思うのだが登るのだけでも大変なのに重いカメラを持って撮影する人ってどんな体力があるのだろう。

本来なら12日が山の日になりお盆と続けて休めるようにするのだろうけれど この日は御巣鷹山のことがあり1日早い日に設定されたようだ。その為、私の誕生日が祝日になった。Facebookでは最初に登録する時、生年月日を記入するので 毎年お祝いメッセージを頂くことになる。
スマホなどからコメント出来ることもあって ブログより反応も早く好まれるように思う。唯、簡単にUP出来る分、ちょっと込み入った事を書き残したい時は こちらの方が良いように思う。
d0356076_15024481.jpg
盆参りは例年 12日であるから13日~15日のお盆より1日早くお迎えしお膳も この日から作る。宗派によってお盆の過ごし方も違うようだが 私たちの意思で決めたのではなく 多分、ご先祖さまが決められたのだろうけれど我が家は真言宗。それも故郷から出てきた夫の父が亡くなった時 近くで同じ宗旨のお寺さんにお願いした。義母から何も受け継いでいなかったのでお寺さんから色々教えてもらった。
お盆などには 海・山・里のもの5種類の煮もの、豆、ご飯、お汁、香の物を小さなお膳に並べ供える。5種か7種の野菜、果物、他にお仏壇にはお饅頭、お仏飯、お水やお花など準備するが前日行ったスーパーは混雑して買い忘れたものがあったので 早朝に掃除を済ませ 買い足しに出かけた。序でに生き仏(?)用に生菓子を購入、これが一番大事かな(^^♪
帰宅後 お布施や施餓鬼料を準備していると お参りの僧侶が・・・珍しく早い!
長年 お参り頂いている僧侶も70代になると色々不都合なところが出てくるという話をされ 月参りより短いお経で帰られた。お盆は何時もの事。

未だかまだかと待つ年もあるが 今年は早々に済んだお参りに 後はゆっくり!
昔と違いお盆に帰省する人もお参りに来る人もなく ノンビリしたものだ。




[PR]
by souu-4 | 2018-08-12 16:17 | 雑記 | Comments(10)

100年

d0356076_06115267.jpg

あまりの暑さにサギ草の鉢を玄関に入れた。炎天下の方が良いのか涼しい所が良いのか聞いても返事がなく??だが。

先日より高校野球が始まった。
100回目だと。甲子園球場には一度行った切り。高校野球ではなくプロ野球だったと思う。勤めていた頃だから会社が購入?していた年間予約の席だった。全く興味のない私は行った事以外何も記憶にないが。

100年といえば我が母校も去年で100年、学校や会社など100年というのが多いように思う。
先日、行ってみようと思った近鉄田原本線(昔は大和鉄道と言った)同じく近鉄生駒ケーブルも100年。宝塚歌劇が発行している「歌劇」という雑誌も創刊100年だという。
100年前は 1918年 大正7年 どんな年だったのだろう?
6代目笑福亭松鶴師匠誕生の年、弟子が記念の落語会を開くと新聞に載っていた、池部良、高峰三枝子、高橋圭三、福井謙一等々有名人も多数誕生したようだ。丹那トンネル起工、パナソニック設立、象印マホービンも創業したようだ。
国としては貿易黒字が拡大し、債務国から債権国へと転換するなど発展を遂げ、財閥をはじめとする富裕層は多くの利益を得たようだが 給与の増加率よりもインフレ率が高く、生活は苦しくなっていったらしい。蒸気機関が主流だった工場の動力は電化され 工場用動力の60%超が電化されたらしい。
100年といっても その8割を生きている私。歴史そのものである。
戦争もあり 戦後の貧しかった時代を過ごし 母親たちのような苦労はしていないが大抵のことは耐えて行けると思っていたが 今年の暑さに 益々酷くなるかもしれないなんて気弱になるなんて情けない。

           +++++++++++++++++

d0356076_06120650.jpg
d0356076_06120138.jpg

暑くても体調が悪くても 秋の作品展に向けて頑張らなければならない。
公民館の1か所は刻字を制作中。もう1か所はミニ軸を制作、後1点ワンパウを使った作品を制作。これはろうけつ染めのようなもので墨屋が開発したもの。
文字を書き 乾いたら裏から色を塗ると書いた所だけ色が付かない。紙によっては上手くいかないものもある。色んな紙に試してみる。
今までに何度もやっているが その都度、新しい事も含め試してみる。いっぱい失敗もする。試行錯誤の結果 作品は誕生する。
こんな事をしていると体調の悪さも忘れるが 疲れやすくなった。齢の所為にはしたくないが やっぱり歳を感じる。


[PR]
by souu-4 | 2018-08-08 08:58 | 雑記 | Comments(6)

真備

d0356076_09113711.jpg


近畿地方も梅雨が明けて4日目。平均値は21日、最も早かったのが3日、遅かったのは8月3日だそうだから去年より4日早く 平年より12日早かったようだ。
今年は 梅雨の時期に台風や酷い水害。その前に地震もあり大変な年である。

暑中お見舞い申し上げます

暑さも厳しそうですがご自愛下さい。

d0356076_09114342.jpg
毎日TV放映される「真備」
行ったこともない所であり聞いたこともなかった地名であるが何か知ってるような気分だった。何故?  
                
d0356076_09115481.jpg

奈良教育大学のキャンバスの中に吉備塚古墳があり 吉備真備のお墓だと言われている。真備といえば遣唐使船で入唐した人だ。
ちょっと気になって検索していると駅の名前も
d0356076_09114905.jpg
こんな名前である。井原鉄道井原線。ブロ友さんがこの辺りの事を書かれている。真備はここが故郷だそうで駅名にもなっているようだが人名と駅名は「まきび」町名は「まび」だそうだ。


[PR]
by souu-4 | 2018-07-12 09:52 | 雑記 | Comments(14)

半端ない

d0356076_20123805.jpg
テレビから流れる言葉遣いにも ついていけないことがある。
「半端ない」よく聞くが 半端じゃない?何が半端なのか?中途半端ではないということなのか?

d0356076_20125031.jpg


「全然大丈夫です」「全然いいです」など、「全然」とは否定語ではないのか?
全然はダメな時に使っていたと思うけれど これだと否定してるのか肯定してるのか判らない。
d0356076_20125934.jpg
「~でよろしかったでしょうか」ってナニ?何で過去形になるのか。
レジで「1万円からでよろしかったでしょうか?」
「ご注文は以上でよろしかったですか?」
「お箸は、おつけしてよろしかったですか?」
d0356076_20130662.jpg
「~になります」
何時なるのよ~!いつまで待てば良いの?
d0356076_20131347.jpg
「ら」を抜くのが当たり前になってきており、「ら」を付ける方がまるで間違いみたいな感覚にすらなってきている。
「食べられる」を「食べれる」「朝、起きられる?」を「朝、起きれる?」

言葉は最初、誰かが間違って使うと やがて それを使う人が多くなってきて正しい言葉と間違った言葉がある状態になる。それは言葉の「揺れ」というそうだ。そして みんなが間違った使い方をするようになり、それが正しい言葉として定着することになる。言葉はそうやって変化していくようだ。
生きている言葉は常に変化し続けている。変化の最初は「言葉遣いの間違い」として始まり「間違い」をする人が多くなると,それは「言葉の揺れ」と認識され さらに多数の人が使うようになると、それは「変化」になる。「正しい言葉遣い」とは多数決で決まるものだと池上彰さんが語られたことがあった。

聞きなれない言葉遣いが気になるのも 古い人間だからだろうか?



[PR]
by souu-4 | 2018-07-01 21:36 | 雑記 | Comments(10)

老化防止

d0356076_20054462.jpg
朝、寒い!と目が覚めた。
この蒸し暑い季節に・・ヘンなblogとお思いでしょ
ちょっと暑くなってくると夫はエアコンをつけるのです。リモコンを見ると23℃になっているのです。私が眠っている時の温度としては寒いのです。
d0356076_20055123.jpg
この日は 地元の小学校へ出前授業に出かける日です。
なのに寝冷えをしたようです。
何度も鼻をかむのは具合が悪い。

でも、授業が始まると すっかり忘れていました。
不思議ですネ~
 
これも今年は4回目、毎年違ったことをしていましたが 1回目と粗同じにしました。
少しは改良して、と変更した部分はありますが気楽な気持ちで臨みました。

でも、最初の頃より4才年を取りました.取っていければ良いのですが齢を重ねました。朝早くに目覚めたこともあるかもしれませんが帰宅すると ドッと疲れが出て眠くなりました。
バアサンですね~
d0356076_20055642.jpg
今日のタイトルは「老化防止」でしたね。
今日の夕刊に 毎日身体を鍛える夫とお喋り熱心な妻
どちらが若さを保てるか??
という記事がありました。


More =どっちでしょうか?=
[PR]
by souu-4 | 2018-06-29 20:58 | 雑記 | Comments(10)

父の日

d0356076_16375487.jpg
明日は父の日。今年は愛犬モモの調子が悪く看病をしている娘は それどころではない。
私が代って1日早くお祝いをすることにした。もう、何も欲しいものはないだろう、と勝手に決めてプレゼントより一緒に楽しめるランチにした。それも遠くへ行くのも面倒なので市内のレストランへ。

You Tube にランチの様子をUPしました。

d0356076_16481305.jpg
ここは教え子の弟さんのお店で帰りには こんなケーキを頂いた。そ~~っと行くべきだったのだろうけれど予約をしたので気を遣わせてしまった。

ここの前には・・・
d0356076_16380180.jpg
こんな大きなクスノキがある。
そして その近くに ちょっと気になるお店もある。
d0356076_16381074.jpg
今日は満腹なので寄れなかったが 又行ってみよう。

%%%%%%%%%%%%%%%%
d0356076_16482073.jpg
不退寺に咲くホタルブクロの花の事が新聞に掲載されていた。
我が家のは 少し色が薄いけれど今年は沢山花を付けた。
この時期に咲く花の中に 子供が蛍を入れて遊んだことから名前が付いたとある。
最近、沙羅双樹の花やアジサイなど色んな所に咲く花の記事が多い。
花は自然の雨水がお気に入りなのだろう。元気いっぱいだ。

$$$$$$$$$$$$$$$$$
d0356076_16381755.jpg
来週は会の展覧会が始まる。
6月19日~24日
於 大阪市立美術館地下展示室
神融会書展

それまでに再来週の出前授業の準備をと仕上げ(秋の公民館まつりの展示用でお清書作品)の構想を考えている。
1組は動物園、2組は自然の中の動物たちを書かせようと思う。が、文字が主体になるようバックの色が派手にならない程度に 例年と違い 先に色付けした。
どんな作品になるだろうか。



[PR]
by souu-4 | 2018-06-16 17:07 | 雑記 | Comments(10)

季節の移ろい

d0356076_11151917.jpg
陽気が日増しに良くなり、万物が成長して天地に満ち始める小満の頃が過ぎ 麦の穂が実り始め収穫する麦秋が近づいてきました。
もう初夏ですね~。
昔は旧暦の5月5日に単衣ものに替えたようですが 私たちの時代には6月1日に夏服に替えました。教室中が明るくなり好きな日でした。
d0356076_11224860.jpg
先日、早朝ウオーキングに出かけると 苗床の稲も青々と育っていました。
その側に立てられている花は春日大社のお札を括り付けた松苗だそうです。
こんな風景はあっちこっちで見かけましたが最近は減っています。苗代の準備をしなくっても購入出来るとも聞きました。
d0356076_11231661.jpg
辺りの畑のカボチャや茄子も育っています。

d0356076_11233557.jpg
我が家のキウイも 最近、蜂が少ないように思うので結実するのかと思っていたのですが 小さいのが出来ています。少しずつ成長するのを待ちましょう。
d0356076_11235475.jpg
もう、紫陽花も咲き出しました。
ガクアジサイは ガク(装飾花)が開いていますが花は如何でしょうか?
d0356076_11232653.jpg
この小さいのが花(真花)です。

紫陽花は 当て字ですね。
熟字訓というのもありますが 漢字1字づつは読まず熟語としてまとめて訓読みにしたものですが 「紫陽花」はどちらになるのでしょう?

扁桃(アーモンド )氷菓子(アイスクリーム)無花果( いちじく)銀杏(いちょう)明日、明後日、今日、昨日、一昨日、大和、明日香など 沢山ありますね。
そもそも中国で誕生した漢字を日本語に当てたのだから・・・考え出すと寝られない??



[PR]
by souu-4 | 2018-05-26 14:01 | 雑記 | Comments(8)

一年後には


今夜は満月。夕べもまん丸いお月様の下に星が輝いていた。
d0356076_08273292.jpg

ゴールデンウイークが始まり晴天が続いている。今夜から雨が降り3日も午前中は雨らしい。3日から5日までは春の平城京天平祭である。この中のイベント「さくら茶会」のボランティアをしてきたが 昨年でお終いにしたいと申し出ておいた。寄る年波一日立ちっぱなしでの裏方も そろそろ限界だと思ったからだが この看板書きだけ頼まれ 今年も書き上げておいた、が天気予報をみると雨のようだ。自転車で会場まで行くのも無理がありそうなので係の人に取りに来てもらった。予報は変わらないようなので早めに手を打って良かった。
平城宮蹟は世界遺産登録20周年である。奈良市内を代表する6社寺(東大寺、興福寺、春日大社、元興寺、薬師寺、唐招提寺)と春日山原始林、平城宮跡の8遺産群で構成する「古都奈良の文化財」が1998年に世界遺産登録され、今年で20年の節目ということだ。

来年の今日は「平成」ではない。
何という元号になるのだろう?
元号は大化から274、昭和は64年、明治が45年、応永は35年で 予定通り来年の今日 新しい元号になると30年3か月で4番目に長いということになるらしい。



[PR]
by souu-4 | 2018-05-01 09:22 | 雑記 | Comments(10)

春爛漫

d0356076_10265966.jpg
数日前、早くなった夜明けの空には丸いお月様が輝いていた。
d0356076_11464065.jpg
d0356076_10270023.jpg
今年も庭に巣を作ろうと思っているのかキジバトが物色中。アイが居ても平気で何か啄んでいる。
d0356076_10442450.jpg
d0356076_10443059.jpg
急な春の到来で 今から この温度と言うほどになり花々が一気に咲き出した。
北海道や東北では雪が降った所もあるらしい。今日は少し温度が下がり薄着になった身には寒いけれど あのままの温度だと先が恐ろしい。行きつ戻りつして 又この夏も厳しい暑さになるのだろうか?
でも、花たちは喜んでいるのか 早くもモッコウバラも咲き出した。d0356076_11383173.jpg

昨日から始まった番組「ヘウレーカ」
1回目は「何故隙間に植物は生えるのか」
抜き難いのに こんな隅っこに出て来る。 
植物学者は「都会に生きる植物にとってスキマはパラダイスだ」という。ほかの草が新規参入しづらいため、スキマの植物は日光を独占できる。またアスファルトの下の土は湿っているので水分補給も容易なのだそうだ。
ヘウレーカとは「見つけたぞ」と言った意味だそうで かつてアルキメデスが浮力の原理を見つけた時に叫んだ感嘆詞だそうだ。
今後、お祝いに何故胡蝶蘭を贈るのか?金縛りはなぜ起こるのか?などが放送されるそうだが その次、サボる蟻はいないのか?って こんなこと考えた事なかったけれど面白そう!
22時からの放送で 私は普通9時過ぎ、いや10時には寝るので この時間はチョットという感じだし居眠っていることが多いかもしれないが 楽しみにしている。



[PR]
by souu-4 | 2018-04-05 13:12 | 雑記 | Comments(20)
line

一瞬のきらめきを大切に


by souu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31