人気ブログランキング |

玉響記 2

souumachi.exblog.jp ブログトップ

タグ:イベント ( 26 ) タグの人気記事

誕生日の話

今日 14日はパリ祭だそうです。革命記念日。

今日の話はパリ祭とは何も関係ないのです。
d0356076_11162543.jpg
教会のステングラスですが これは私の住む田舎にも こんなチャペルがあるのです。
でも、日曜日に行く教会ではなく元々数年前に出来た結婚式場だったのです。過去形になっているのは 今はチャペルとして使われていないからです。又復活するかもしれませんが 今はそうではありません。
d0356076_11164980.jpg

d0356076_11164215.jpg


金魚が泳ぐ城下町なんです。

田舎らしくないでしょ。

これが出来たときはホテルでもあったので 宿泊客があれば家に泊まって頂かず ここが良いかと思っていました。でも、一度も実現しないまま オーナーも替わった(経営者が替わったのか?)ようで現在は まだ改装も全部出来上がっていないようにお見受けしますが 夫の誕生日の翌日、バルがオープンしました。      

d0356076_11163397.jpg

以前はレストランもあり ランチに行ったりもしましたが 近くに住んでいると案外行かない所です。

特にチャペルは 身近に結婚する人もなし チャンスはなかったのです。
オープン当初見学に行ったのと コーラスの発表会があり聴きに行ったことがある程度でした。

このチャペルの椅子などを替えてバルになり 勿論飲む人が行くお店ですが和食もありイタリア、フランス、タイ、ブルガリアなどの料理が供されています。


ガーデンテラスがステキなんです。
以前から そこへ作品を並べたら良いだろうなぁと思っていました。お天気が気になるでしょうけれど。
d0356076_11163742.jpg
d0356076_11165729.jpg
注文したのは こんな感じです。タッチパネルで注文します。老人はメガネが必要かも。
d0356076_11173809.jpg
  
d0356076_11173105.jpg
予約しておきました
d0356076_11173546.jpg
いつもは飲まないのですが久しぶりに生ビールを。少々顔が熱かったですが飲めるのかもしれません。(^O^)/

d0356076_11170395.jpg
d0356076_11174263.jpg

前日、夫の誕生日だったことを伝えてあったので happybirthdayの歌が流れ 89本のローソクに替わり 線香花火が付けられて運ばれてきました。
幾つになっても こうして祝ってもらえるのは嬉しいものです。




by souu-4 | 2019-07-14 13:08 | 奈良 | Comments(10)

ひな祭りとお水送り

d0356076_17405399.jpg

♪ あかりをつけましょ ぼんぼりに 
お花をあげましょ 桃の花
五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひな祭り♪
d0356076_17412521.jpg
お内裏様とおひなさま 二人並んで すまし顔 
お嫁にいらした
姉さまに よく似た官女の白い顔

昨日の「チコちゃん」でお内裏様はお二人の事でお内裏様とお雛様というのは間違いと。サトウハチロウは これに気が付いていたようで家ではタブーだったと息子さんのコメントも放送されていました。
d0356076_17405321.jpg
パンデオヒナ
市内の「やまとな雛まつり」は様々なお雛様が飾られていますが
毎年パンで作られたお雛様を展示されているパン屋さんがあります。
d0356076_17405385.jpg
こちらは昨年のものだそうです。こんなに綺麗なまま。

この催しは今日3日で終了。 

***

また、一昨日は二月堂のお水取りの本行入りの日でしたが 小浜では2日お水送りが催されました。二人分の空きがあるのでと誘って頂いたのですが 夫は興味なし、夜留守にされると不便だから当然 良い顔はしません、諦めるしかありません。が、参加された方がリアルタイムに写真を送信して下さいました。
d0356076_17414548.jpg
d0356076_17414535.jpg
お昼間に行かれた時から画像は送られてきました。
d0356076_17414515.jpg
このブルーシートは何だろうと思っていましたが このシートの場所でお松明が・・・
d0356076_16005273.jpg
暗くなる頃、松明を持ち歩きながらでしょうに次々画像を送って下さいました。
d0356076_16005895.jpg
d0356076_16010324.jpg
その時間はFacebookにUPさせてもらったり参加している気分で楽しませて貰いました。
遠敷川にある鵜瀬では このような行事があり 10日後には奈良へ届き二月堂の閼伽井屋にある若狭井から汲み上げられるのです。これがお水取りです。
お香水は3月13日午前1時過ぎ、雅楽の演奏の中白い装束の練行衆が桶で運び須弥壇の下の香水壺に運びます。

【おまけ】
d0356076_17412558.jpg
今日の夕飯はひな祭りなのでバラ寿司でしたがランチは仕事で出かけた大阪で窯焼きふわふわスフレドリアを。



by souu-4 | 2019-03-03 21:15 | イベント | Comments(8)

修二会

d0356076_20162550.jpg

奈良に春を告げる東大寺のお水取り、修二会が始まりました。

3月1日からの本行、二月堂のお松明だけが始まりではないですね。
勿論、3月12日の深夜、13日の午前1時半ごろに若狭井からお香水が汲み上げられる儀式をお水取りと言いますが それまでの日程、昨年の12月16日に参籠する11人の練行衆が発表される日から始まると思っています。
そして2月20日からの試別火(ころべっか)では、修二会での声明(しょうみょう)の稽古、行中に仏前を飾る南天椿の造花作り、灯明に使う各種灯心の準備、紙衣(かみこ)を作るための仙花紙(せんかし)絞り、「さしかけ」という 二月堂内で履く履き物の修理、牛玉箱というお札を入れる箱の包み紙の新調、 守り本尊の補修、紐作り、こより作り、紙の付け札作り、等が行われます。d0356076_20163799.jpg

また、お松明に使う竹や蔓などの準備がされます。
2月11日は京田辺から 転害門まで運んで来られた真っ直ぐな立派な竹を 東大寺参道を経て南大門、大仏殿を通り二月堂へ運びます。

d0356076_21090037.jpg
d0356076_20165405.jpg
d0356076_20165920.jpg
転害門へ運ばれた竹は 儀式のあと 皆さんで運ばれます。
d0356076_20170622.jpg
南大門を通過します。これを持って階段の上り下りは老婆には危ないので写真撮りに回り、サボりました。
d0356076_20171325.jpg
大仏殿の前で小休止。
d0356076_20171842.jpg
そして又階段です。小雨がパラつき石畳は濡れています。
d0356076_20172431.jpg
二月堂 閼伽井屋(あかいや・写真右)まで無事に到着しました。
d0356076_20173839.jpg
このしめ縄は結界でしょうか。
d0356076_20172871.jpg
こうして立て掛けられました。
23日には花ごしらえがされますが 
約400個の「糊こぼし」というお水取りの際に二月堂の本尊の「十一面観音像」に供えられる椿の造花は開山堂に咲く椿を模したものですが
d0356076_20174376.jpg
隣の四月堂に飾られていました。
明日、17日 この紙を染められた吉岡幸雄さんのお話を聞きに行きます。
黒谷和紙が使われているようです。タラの木を芯にクチナシで染めた黄色い和紙を巻き、紅白の和紙を花びらに見立てて整えます。ベニバナを水につけ黄色の色素を落としわらの灰汁(あく)を入れてもむなどして紅い液を出し澄んだ色にするため奈良・月ケ瀬の烏梅(うばい)(梅の未熟な実の燻製(くんせい))も使うなどして染められるそうです。
26日から総別火(そうべっか)が始まり 準備の合間には、社参と称する境内の参拝や、二月堂の湯屋に出かけての 「試みの湯」、二月堂内陣の掃除、また内陣に安置されている「小観音御厨子(こがんのんみずし)」 を掃除する「厨子洗い」、東大寺の参籠しない僧侶に挨拶をする「暇乞い(いとまごい)」等が行われます。
d0356076_20174974.jpg
着々と準備され 本行へ。今年も修二会は繰り広げられます。



by souu-4 | 2019-02-16 21:54 | 奈良 | Comments(10)

歳月人を待たず

d0356076_21054304.jpg
嘗て勤めていた会社のOB会の皆さんと平城宮跡へ行ってから 早や1週間が経過しました。流石、師走!この調子でお正月が来るのでしょうか?
d0356076_21060145.jpg
今春オープンした朱雀門ひろばへは 3度目の訪問ですが いざない館の展示品・方角を司る霊獣四神 南(白虎)北(玄武)東(青龍)西(朱雀)〔上左・右・下左・右〕虎と龍が同じように見えるけれどグルっと撮った筈。
d0356076_20391795.jpg
d0356076_20391108.jpg
朱雀門が復元されて20年。朱雀門の文字が見え難くなっています。こんな事が気になるのは私だけでしょうか?
ここへ行った数日後 買い物に行った序でに 西市跡へ寄ってみました。
d0356076_20393458.jpg
秋篠川を使って船で往来していたのか 船着き場があったようです。
d0356076_20394095.jpg
d0356076_20394699.jpg
ここから少し南東に 羅城門があります。この辺りは長年朝のウオーキングで通る辺りです。
d0356076_20392935.jpg
薬師寺の東塔の覆いが外される日まで もう少しかな?この写真は西塔です。近くの柿も沢山生っています。大方カラスが食べるのかもしれません。

私の住む所は こんな田舎ですが年々良い所だと思えるようになったのは根が生えたって事でしょうか?




by souu-4 | 2018-12-05 21:31 | 奈良 | Comments(10)

繰り返し

人生長くなると繰り返しが多いです。d0356076_22054521.jpg

日曜日は 特にそんな気がしました。それは それで良いのです。忘れることが多くなりましたので。

朝から防災訓練
今年は役が当たっているので 早めに 集合場所へ行き 皆さんに配布するものなどを整えました。三々五々集まって下さるご近所さん。

警察、消防署からの説明があり 消火器の使い方の練習です。
これは何年か前から やってますが 家にある消火器が肝心の時 動かないようでは役に立ちません。そっちの見直しが大事かと思いました。
消防署からは 義務化された火災報知器は10年になるので電池を点検するようにと言われましたが それも大事なことですね。
d0356076_22060595.jpg
d0356076_22061779.jpg
d0356076_22061086.jpg
この後、家の周りの掃除、クリーンキャンペーン!これは市が一斉にやるのです。
町中が綺麗になったでしょうか?
d0356076_22062339.jpg
この日は こんな物をいただきました。
私の住む所は ニュータウンという新興住宅です。もう30数年にもなるのにニューって?ネーミングを替えなければ思う程 古くなりました。これは二人分 準備していますが 予備もあって良いですね。
外に出ると 久しぶりに会う人もあり お喋りタイムが長くなり午後の予定が押してきます。急いで昼食を済ませ 次の予定へ。
d0356076_22055853.jpg
会場は ここではありませんが・・・
d0356076_22055187.jpg
興福寺の住職さんのお話を聞きに行きました。
中金堂の再建工事が始まる少し前にも何度か聞きに行ったのですが資料も残っていないのです。内容も忘れましたので 丁度良かったのです。
明治、昭和、平成での話でした。大正時代は記録も殆どないようなので この三代。
明治には「神仏分離令」が発令され 堂塔以外の寺地が没収され興福寺境内を奈良公園に組み込まれたり その後、五重塔の修理が始まったり変化があったようです。
昭和に入り戦争がありましたが 国宝館や仮金堂が建設されました。
平成に入り南円堂の修理も完了したり2000年には中金堂の解体が始まり今年6月には鴟尾が取り付けられ10月には落慶法要が営まれ美しい姿を見ることが出来ました。
が、全て完成したわけではありません。天平伽藍の復興も目指しているそうで多くの人に入場してもらい協力をお願いしたいとも付け加えられました。
d0356076_22053413.jpg
御本尊である木造 釈迦如来坐像が5代目、この度修理されたそうです。法相柱も美しく堂内は見る価値があります。この日、3度目でした。

d0356076_22062935.jpg
ここから奈良町のギャラリーへ足を運び 王朝の継ぎ紙展を見に行き 粘葉装の実演を観ました。

新しい事は特にない一日でしたが この繰り返しが 私の人生でもあるのでしょう。


by souu-4 | 2018-11-19 07:07 | 雑記 | Comments(8)

茶屋町スロウディ2018

d0356076_19280092.jpg
6月1日 ひと夜のイベントであるが大阪・茶屋町エリア一帯でキャンドルナイトがくり広げられた。
d0356076_19282738.jpg
茶屋町とは 勿論、地名である。
阪急梅田の高架と新御堂に挟まれた辺りで MBS毎日放送などがある。
大昔は大阪湾の干潟があったらしい。

現在の高麗橋から淀川区を通過し下関へ通じる辺りの 中国街道沿いに「鶴乃茶屋」「車乃茶屋」「萩乃茶屋」と呼ばれた茶屋があり賑わっていたらしい。
この中国街道には綱敷天神社があり その社前付近から道は屈曲し、かつての面影をとどめている。


ここ茶屋町で 催された「キャンドルナイト」はロウソクが揺らめく中、Liveや様々なアーティストによるキャンドルアートが並んだ。

d0356076_19281782.jpg
まだ日が沈む前 ライブの出演者たちのリハーサルも行われ 早くも歌声に酔いしれている人たちが集まっていた。
d0356076_19283558.jpg
d0356076_19284323.jpg
MBS前ではキャンドルタワーの準備が進んでいた。
約100個のキャンドルが立体のタワーに積み上げられていた。
d0356076_19285108.jpg
日が落ちると こんな景色になる。
d0356076_19285722.jpg
ふと、48年前
大阪万博EXPO’70のスイス館・光の木を思い出した。アルプスの樹氷を表現しているというが 当時その美しさに朝から晩まで何度も見に行った。
今のように真っ暗になるまで ゆっくり楽しんでいるほどの時間は許されないのではなかった。そんな時間を与えられた頃もあったのだから 今の生活に愚痴を言わないでいよう。



by souu-4 | 2018-06-04 00:27 | イベント | Comments(10)

華 花 はな

d0356076_08203315.jpg

新緑が美しい良い季節です。朝晩はまだ冷えますが日中はブラウス1枚で歩ける季節とは言え、日によって寒暖の差は大きいようです 半袖の人あり着こんでいる人ありと 昔のように6月になれば一斉に衣替えなどということはないようです。
d0356076_08202603.jpg
一昨年は 練成会に行くつもりで家を出ましたが姉の調子が悪くなり急遽変更しました。その翌年は それを思い出して足が向かず 今年は久しぶりに出かけました。
d0356076_08201529.jpg
帰りのバスを待っていると 卯の花が咲いていました。
d0356076_08203800.jpg


卯の花の 
匂う垣根に
時鳥 早も来
鳴きて
忍音もらす
 夏は来ぬ


あぁ 

もう夏なんだ!!














翌日、友達が出品している花展を見に行きました
d0356076_16143329.jpg
彼女の花は黒花蝋梅だそうです。家にあるのも 私の知識の中も黄色く咲く蝋梅しかしりません。こんな花が今頃咲くのですね。
珍しい?!
d0356076_16143964.jpg
ここのお花は楚々として好きなお花です。
が、展覧会ともなると珍しい花を探すのでしょうね。桑の実が活けられていました。子供の頃は蚕に与える葉っぱを畑へ貰いに行きました。そして甘酸っぱい実を口に入れると すごい色が付きました。
懐かしい!

d0356076_16144400.jpg
カラーの花!これも今頃咲くんだったでしょうか?

60年も前ですが 父が亡くなった時を思い出すので あまり好きにはなれなかったのです それなのに植えていた時期がありましたが いつの間にか消えてしまいました。
ちょっと悲しくなる花です
d0356076_16145142.jpg
これを見て テンシバを横切り大阪市立美術館の前を通っただけですが Facebookに市長が載せておられた「江戸の戯画」展が開催されています。ちょっと興味があるのですが時間がなく素通りデス
d0356076_16145747.jpg
この坂を上り 一心寺へ。
この日は姉夫婦の3回忌、久しぶりにみんなが集まりました。
ひとり増えたのです。姪の子供が結婚し お嫁さんを連れて来てくれました。
減ったり増えたり・・・世の移り変わりって そんなものですかね。



by souu-4 | 2018-05-20 17:09 | イベント | Comments(6)

さくら 桜 sakura

d0356076_06183712.jpg
全国的にとは言えないのかもしれませんが 粗、日本列島は桜に包まれているのでしょうか?
我が家の前は緑地になっているのですが そこにある桜も粗満開です。先週は雨が降り続きましたが 今日も青空です。近畿地方全域晴れマーク。
d0356076_06185781.jpg
東の山も茜色になってきました。これは高円山です。左(北)に春日山原生林、若草山(三笠山)と続いています。あまり好きではなかった奈良でしたが この景色を見るとホッとします。ここに住んで良かった!今はとても気に入った土地になりました。
d0356076_06190892.jpg
今年もお城まつりが始まり この枝垂れ桜にカメラを向けている人がイッパイです。でも、この桜の姿、ちょっと崩れてきたように思うのですが。もっとステキだったように思うのです。
d0356076_06191701.jpg
先日来、義妹の旦那さんの容態が悪く 夕飯を済ませた頃「すぐ来て!」と連絡があるのです。お陰様で、二晩続きで有名な高田川の夜桜をチラッと見せてもらいました。
夜は出かける事が殆どない私はライトアップされた桜を見るのは・・初めて??
d0356076_06192561.jpg
買い物に行った柳町商店街。5匹いた猫窓のニャンちゃんも3匹になっていますが この日はそろい踏み。真ん中の子が顔に傷があり左の子が舐め舐め。早く治ると良いですね。
今夜お通夜、明日お葬式です。



by souu-4 | 2018-03-28 08:38 | 奈良 | Comments(6)

修二会&白川文字学

d0356076_11360801.jpg
一昨年の「お水取りの全貌」に続き 53年間 童子を務められた野村さんにスポットを当てられた「野村輝男の世界」が上映された。前回は超満員で予定の大ホールに急遽小ホールも使っての上映になり大盛況だったが 今回は整理券のある人のみの入場だった。

d0356076_11314893.jpg
ここまでの準備は大変だったようだ。

d0356076_11315463.jpg

主役の野村さん、客席ではあったが奥さまも登場。司会は桂あおばさん。
今日のFacebookに「今日の仕事場は凄まじく良いホール、ただこんなところに限って今日は司会のみの出番」と書かれていた。彼とはFacebookのお友達。
こんなホールで独演会が出来るようになってほしい。

*******************

d0356076_11320962.jpg

2月末だったかオンライン公開講座「白川文字学への招待」があると連絡をもらい 早速、登録したがバタバタしていたら一週間が過ぎてしまった。

d0356076_11321805.jpg
ネット上で学べるって 今の私には有難い。京都まで出かけるのも大変になってきた身には何と便利なのだろう。
初めは目が疲れるので大変だと思っていたが 遣りだすとのめり込む。好きな事、止められない!とっても楽しい!!
d0356076_11322404.jpg
それに講演会や講座は「ちょっと待ってください」とか「さっき何言いました?」なんて言えないけれど これは戻して見直したり筆記する間 止めておく事も出来る。納得いくまで見たり読んだり・・面白い!
d0356076_11322945.jpg
Week1,Week2まで全問正解。Total 50%  60%あれば終了証が貰えるらしい。




more =リクのこと=
by souu-4 | 2018-03-11 13:28 | イベント | Comments(6)

弥生三月

d0356076_06180957.jpg
2月は たった4回しか更新出来ませんでした。展覧会の作品を仕上げて表具に出したり目録を作成したり やっぱり一人で何もかもしようと思うと忙しい。老骨に鞭打って頑張っているが時間は足りない。
リクが逝って3週間。夫もアイも慣れてきたようで 体調を崩して獣医さんへ連れて行ったアイも回復して・・・でも、一人(匹)も悪くないと思いだしたのか何でも言えば適えられると思うのか甘え放題になりました。
d0356076_06181410.jpg
今年度最後の寺子屋へ行った日 春一番が吹き荒れ 止せばいいのに序でに展覧会の案内状を配りに行ったり郵便局へ切手を買いに行ったり 自転車では恐ろしく何度も押して歩きました。これも老婆のすることではない、と何処かから聞こえてきそうです。
d0356076_06182040.jpg
日脚も長くなり明るい光が 春らしくなってきました。
d0356076_06182634.jpg
奈良ではお水取りの本行が始まりました。-この写真は1日の新聞よりー
この調子では今年も二月堂まで足を運べないでしょう。先日の入江泰吉旧居での 元童子さんのお話と10日の映画「裏方さんの世界」ー今年は同じ野村さんにスポットが当てられていますー これだけの参加になるでしょう。
d0356076_08305268.png
今日はひな祭り。-これも当日しか表示されないGoogleから借りてきましたー
昨日はお天気も良かったので 夫と「大和な雛まつり」のホンの一部分見てきました(詳しくは(?)Facebookに)観光客は精力的に歩いていらっしゃいますが地元民は 案外見に行かないようです。
d0356076_08202299.jpg
その前に 回転ずしへ。開店した頃に行った切りでしたので こんなに変わっていたことも知りませんでした。ここは家の窓からも見える所なんですがねぇ
d0356076_06183221.jpg
d0356076_06183818.jpg

回るのだけ待たなくっても これで注文、お知らせしてくれる、なんて知らない人ないですよね。夫は目の前のお茶も入れないので私は大忙し。「もう腹イッパイ!」という夫と違って私は食べた気がしていません。




by souu-4 | 2018-03-03 08:55 | 奈良 | Comments(4)
line

一瞬のきらめきを大切に


by souu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30