玉響記 2

souumachi.exblog.jp ブログトップ

タグ:漢字 ( 18 ) タグの人気記事

年賀状

グッと冷え込んだ翌12日
d0356076_16055505.jpg
今年、はじめて蝋梅が花開いた。
年賀状の準備も大詰めを迎えている。そんな時に限ってプリンター、スキャナー、序でにエアコンも調子が悪い!
あっちこっちへ連絡をとって修理のお願いをする。スキャナーは私の指先が鈍っているのか故障ではなかった。
d0356076_16162611.jpg
コピー機の複合機から取り込んでいるがタッチペンを使う事にした。一つ解決!

プリンターはハガキを入れる方の用紙が送れなくなった。これはA4サイズの方でもハガキやL版が使える事が判ったので買い替えず出来る限り頑張ってもらう事に。
しかし、ハガキを料紙加工する為雲母を塗ったの等はプリンターを通すのは無理なようなので手書きに。
同じ事ばかり書いているとイヤになってくる。
d0356076_16055605.jpg
それに
色んな事を考えてしまう。
こんな読み難い年賀状貰っても嬉しくないんじゃないかな?

者(は)川(つ)春能(の)およろ
古(こ)日(び)越(を)申しあ介(げ)万(ま)数(す)
ことしもよろし九(く)

初春のお慶びを申しあげます

たったこれだけなのに変体仮名を多くし 読み難くしているのではないけれど 仮名作品は こんな感じなので展覧会で 読み難い作品が並ぶのは面白くないと云われる。




d0356076_17381194.jpg



だからって
こんな年賀状は如何でしょうか?


色々書いている方は楽しいけれど
受け取る人が大事ですね。


来年は途中で平成ではなくなる。
二言目には平成最後の・・・と言われている。
昭和64年は一週間しかなかった。その間生まれた人は2万人ほどだろうと言われている。

姪の子供は平成元年生まれで 来年赤ちゃんが生まれる予定だ。
〇〇元年生まれの子が誕生する。
親子で元年生まれ。元号が違うだけだ。
d0356076_16055588.jpg
新しい元号になる年 心新たに楽しい年になりますように

d0356076_17424128.jpg
d0356076_16055584.jpg
大阪のあべのハルカス・ウイング館催会場で13日から25日まで「岩合光昭の世界ネコ歩き2」が催されている。会場では撮影禁止だが 最後にOKの場所があり夫も私もそこで撮影した。
d0356076_16055532.jpg
最近、忘れないため、リモコンなどと一緒にチケットも入れてある。今年は後一つ16日の桂文枝独演会、チケット発売日に一列目の真ん中をゲットしてあるので ダブっている会の総会はサボることにした。殆ど休んだことはないけれど・・・

15日から始まる年賀状、もう一息。頑張ろう!



[PR]
by souu-4 | 2018-12-13 17:34 | イベント | Comments(3)

世の中の変化 私の変化

d0356076_06225394.jpg
d0356076_06225338.jpg
大阪教育大書道専攻 張ゼミ展が23日~25日開催中です。
賛助出品として井関氏のコレクションが展示されています。わが師炭山南木の作品をはじめ15点。
d0356076_06225402.jpg
長年かけてではありますが その都度、感動した作品を買い集められたようです。書の作品は中々売れませんが こんな風に大事にされる方があるのは嬉しい事ですね。
d0356076_06225455.jpg
d0356076_06225423.jpg
未来の書家たちが育っていく過程でもある丁寧な書作品。好き勝手に書かれているように見える最近の作品も こんな基礎を積んで成長していくのでしょう。

最近、展覧会の案内状もハガキからチラシに変化しているのでしょうか?今回の展覧会は案内葉書でしたが メールに添付されたものが送られてきたのです。
書に限らず 色んな催しをしるのもネットからが増えました。
これは世の中の移り変わりでしょうか?
年賀状もそうですね。10数年前には特別教室と称して年賀用の干支印や料紙加工の講習をやると大勢の人が受講してくれました。今は年賀状を出さない、印刷をするから必要ない人が増えました。
それでも綺麗な年賀状を貰うと嬉しい、と言ってもらえるだけ良いのでしょうか?
d0356076_06251721.jpg
我が家のモッコウバラ 季節が廻れば勝手口を明るくしていました。
でも、夏は枝が伸びるのです。脚立に乗って剪定するのが大変になり しかも支えていた物が重みで歪んできたのです。
思い切って切ってしまうことにしました。他にも高くなった杉や花が咲いてきていた枇杷の木もバッサリ!数年前から椿なども低めにしていますが 庭が寒くなりました。これも又伸びては来るでしょうけれど 暫くは水やり、寒肥程度です。
こっちの移り変わりは歳の所為ではありますが 私も色々変化が出てきました。

そんな時
2025年の万博が大阪に決まりました。
1970年の時は 姉夫婦の商売で会場へ何度も行ったり当時の仕事で担当課にいました。毎日乗る地下鉄も大賑わいでした。
それから55年、後7年、夫の今の年齢になります。行けるでしょうか?いや生きているでしょうか?


[PR]
by souu-4 | 2018-11-24 07:11 | 書道 | Comments(4)

筆順 =右と左=

d0356076_10445448.jpg
今朝も地元の小学校の寺子屋の授業に行きました。正味10分間ですが少し早めに出かけ短い時間だから すぐ取り掛かることが出来るように整えます。
今日は2年生。1年生で既に習った漢字ですが右と左をひと文字ずつ書かせています。
この二文字は似ているのに筆順が違いますね。
何故違うのか?そんな話を交えて短時間で練習しました。この日は校長先生など見学に来て下さり 基本が出来ているからか筆使いが良いと褒めていただきました。

d0356076_10444643.jpg
水書ですが 払いなども上手く書けるのです。
d0356076_15490366.jpg

左右の筆順ですが
漢字の成り立ちを知ると簡単なことです   最初は こんな形でしたが・・・
手を横から見た形で 長い方は腕の部分で曲がった方は指を折り曲げた形です。指先を先に書く、と考えていただくと判り易いと思います。だから左は横イチを書き左払いを後から書き 右は左払いを書き後から横イチ(一)を書きます。右と同じように払いが先の漢字は有・布・希など
左と同じ横イチが先の漢字は友・在・存・抜 など

但し筆順は一つだけでないものもあります。 
d0356076_10450232.jpg
この学校へ行くのは国道などを通っても良いのですが 農道のような車の少ない道を 私は行きます。ここからは こうして若草山や春日山原生林なども見え 長閑な所を自転車で走ります。我が家からは国道を越えなければなりませんが季節感もあり中々良い所です。
d0356076_10451197.jpg
国道は こんな陸橋を渡るのです 子供が小学生の頃 自転車で走れたのですが 今は三分の一ほど上ると もう無理!こんな時にも歳を感じます。
d0356076_10451816.jpg
だったら 国道の下にある道を潜れば良いのです。もっと大きく車も通れる程度の地下道もありますが 人と自転車程度の道もあるのです。これは一般の人に公表しない方が良いのでしょうか?
この国道はバイパスですが 子供が小学校へ入る頃に出来ました。
何でも新しく出来る時は反対もありますが 40年以上経つと交通量も増え この東側に高速道路が出来る予定です。
世の中、ドンドン変化していきます。




[PR]
by souu-4 | 2018-11-15 11:52 | 漢字・成り立ち | Comments(10)

blogのこと

d0356076_10432057.jpg
    d0356076_10442402.jpg
d0356076_10445331.jpg
d0356076_10455716.jpg

200511月に始めたblog「文字を楽しむ」
振り返ってみることは殆どない。
文字のことを書くつもりだったが それでは見て下さる方が少なく日常の事など雑多になった。
2000
年にホームページを立ち上げ並行してのUPだったがブログの最初は毎日更新していたが 今では週一の更新がやっとだ。
最初に写真を張り付けたのが この河南省安陽市の殷墟遺跡の博物館(苑)というのか 私が行った時は「甲骨文発現地」という碑があった。その後、魯考王刻石(五鳳二年刻石)篆書から隷書への変遷が解かる貴重な碑石である。文字に関するものを書いていた。
元永本古今集、そしてその年の漢字は「愛」
この殷墟は2006年ユネスコの世界文化遺産に登録されたが私が行ったのは その前だった。10年以上経ち登録されると 相当変わっているだろう。d0356076_10463432.jpg


d0356076_10470457.jpg
d0356076_10473387.jpg

d0356076_10490856.jpg

その後、地元や奈良市、大阪など看板や碑などを撮影して回ったりお祭りなどの催しには出かけた。全てブログの為だった。
これだけの年月が経過すると「地蔵院川」の橋も付け替えらえたり「湖月」も他の店になったり 小さい事ではこんな置物も捨ててしまった。
同じことの繰り返し、それでは面白くないだろうと熱は冷め勝ちである。
世間全般にもブログ熱は下火なのではないかと思われるようになった。
そんな時、Facebookにも登録した。blogの時からの友達も多いが 粗、知り合いのみの「友達」である 気楽なことしか書かないがお知らせがイッパイ入ってくるので暫く会わない友達も元気なのが判って良い。

が、内容も充実させることが出来るblogは 偶に振り返りすっかり忘れている事も読み返すのが面白く Facebookとは違った魅力がある、と思っている。



[PR]
by souu-4 | 2018-10-25 11:10 | 雑記 | Comments(12)

半分青い

d0356076_15205065.jpg
朝ドラ「半分青い」も今月でお終い。今朝は鈴愛のお母さんのため?に涼風(そよ風)の扇風機を作る律。
「風を見る」 私は漢字の説明の時、象形文字のように見たまま出来た漢字の他、「気」や「風」のように目に見えない物も漢字を作った、と話しています。
あなたは風をご覧になったことありますか?

d0356076_15205992.gif
でも
見えないものの漢字は 想像の世界ですね。
初めは 鳳が羽ばたいて起こった風だと思われていました。
でも、「凡」の下は鳥ではなく虫ですね。何年か経って 風は鳳ではなく竜ではないかと言われるようになり・・
d0356076_15213029.jpg
こんな形になりました。
d0356076_15212320.jpg

d0356076_15211317.jpg
d0356076_16095203.jpg

古い文字は鳳と風は同じ形になっているのです。
d0356076_16095203.jpg
   ここにあるこの形は舟で運ぶという意味になり 風にあるのです。文字は生まれた時のままの形ばかりでなく変化したものも多くありますが 唯の記号ではありませんので 全く違うものに変わらず3300年も使い続けられています。世界中に文字は沢山ありますがこうして続いているのは漢字だけです。

++++++++++++++++ 

d0356076_15290277.jpg
先月の展覧会に出品した「光」の作品に 道元禅師の詞を書きました。
今朝の新聞に道元禅師が「人はみな食分あり、命分あり」と貪欲を戒めた話が載っていました。一生の内食べる総量も命の長さも決まっているということですが 医学が発達し 生まれた時に決まっていた以上に生きているのではないでしょうか?



More =困ったパソコン=
[PR]
by souu-4 | 2018-09-13 16:49 | 漢字・成り立ち | Comments(10)

「眞」という漢字

d0356076_08534258.jpg
台風が通過した翌朝は 何でもなかったように朝日が昇ってきました。
何処もこんな風であれば 台風も偶には仕方ないのかと思えるのですが 今回は大きな爪痕を残し苦しめていきました。
阪神大震災の時は毎日毎日 被害状況が報道されるほどに ここまで苦しめられるのかと思いました。
今年は 関西でも6月の地震が まだ立ち直っていない内に大雨や台風、それも次々に発生し57年前の第二室戸台風を思い出さずにはいられません。
もう一つ思い出す台風はジェーン台風です。昭和25年、中学校に入った年で2学期が始まったばかりでした。昔の家は縁側の下は空いています、容赦なく入ってくる風は畳を持ち上げるのです。祖父母、両親 兄弟3人が その上に座って重りの代わりになっていました。瓦もパラパラ飛んでいくのを雨戸のないガラス戸から見ていました。父が畳をあげ 弓なりになるガラス戸を抑え始めました。翌朝 学校へ行くと大きな樹が何本も倒れていました。死者398名、行方不明者141名、負傷者26,062名というものでした。
その後、台風の度に窓には板を張り付けていたのを思い出します。長く生きてきた者にとって多くの体験をし世の中の移り変わりを感じるのは当然でしょう。
d0356076_08581337.jpg
今回、厚真町で大規模な土砂崩れがありました。先日、西日本豪雨で浸水があった真備町。偶然ですがどちらも「真」が付きます。私の名前にも「眞」が付くのです。
d0356076_09012567.jpg

 この文字は「匕(カ)」と「県」を組み合わせた形です。匕は化の旁と同じで人を逆さまにした形です。顛死者、不慮の死を遂げた生き倒れの人だと言われています。これは そのままでは何と嫌な文字だと思いますが こういう死に方をした人は 丁重に鎮め 祠の中に寘(お・テン)き 霊の力をもつ玉をそえて瑱(しず)めたのです。「眞・真」は変化するものではない 永遠のものなので真の存在で「まこと」の意味になり、とても良い文字なのです。

真備町、厚真町の皆さんの復興を祈っています。




[PR]
by souu-4 | 2018-09-07 10:40 | 漢字・成り立ち | Comments(8)

漢字は楽し!

d0356076_20040166.jpg
先日、大阪の某高校の同窓会での催しに よそ者である私たちもお邪魔し漢字を楽しませてもらった。
参加出来なかった事もあったが この催しも12回目。今回は「農耕に関する漢字」
ここに(写真の)貼られている農の文字は左から甲骨、金文、篆文で、甲骨の時代は 林や森を切り拓いていたのだろうか?その下の辰はハマグリで その貝は蜃器といい農具として使っていたらしい。今でも私が庭を耕すのは この程度のものであるから進歩していないな!3000年が近くなったような気がした。
次の金文になると 田の形になり草まで生えている。辰に手が添えられているということは やはり手作業だったのだろう。「辱」という字があるが寸は手の形だから雑草を取り除く意味だろうと常用字解にも書かれている。篆文の形は「𦥑+囟+辰」で𦥑は両手の形で この間にある「囟・シン」は頭の真ん中、泉門(センモン・ひよめき・おどりこ)といい乳児の頭の真ん中の柔らかい部分だとネット検索すると書かれたものがあった。この辺りになると私には理解し難いけれど 農耕に関係のある文字の中には 豊作を願っての祈りが込められている字が多く その為の行事は今も続いているように思った。
            
          &&&&&&&&&&&&
d0356076_20040731.jpg
3月11日にUPしたオンライン公開講座「白川文字学への招待」は展覧会やお葬式などが続き 時間の取り難い時ではあったが 何とか無事終了出来 この度、終了証が頂けた。と、言ってもネット上のmy pageに表示されたものをダウンロードして自分でプリントしただけであるが。





[PR]
by souu-4 | 2018-04-23 21:43 | 漢字・成り立ち | Comments(8)

修二会&白川文字学

d0356076_11360801.jpg
一昨年の「お水取りの全貌」に続き 53年間 童子を務められた野村さんにスポットを当てられた「野村輝男の世界」が上映された。前回は超満員で予定の大ホールに急遽小ホールも使っての上映になり大盛況だったが 今回は整理券のある人のみの入場だった。

d0356076_11314893.jpg
ここまでの準備は大変だったようだ。

d0356076_11315463.jpg

主役の野村さん、客席ではあったが奥さまも登場。司会は桂あおばさん。
今日のFacebookに「今日の仕事場は凄まじく良いホール、ただこんなところに限って今日は司会のみの出番」と書かれていた。彼とはFacebookのお友達。
こんなホールで独演会が出来るようになってほしい。

*******************

d0356076_11320962.jpg

2月末だったかオンライン公開講座「白川文字学への招待」があると連絡をもらい 早速、登録したがバタバタしていたら一週間が過ぎてしまった。

d0356076_11321805.jpg
ネット上で学べるって 今の私には有難い。京都まで出かけるのも大変になってきた身には何と便利なのだろう。
初めは目が疲れるので大変だと思っていたが 遣りだすとのめり込む。好きな事、止められない!とっても楽しい!!
d0356076_11322404.jpg
それに講演会や講座は「ちょっと待ってください」とか「さっき何言いました?」なんて言えないけれど これは戻して見直したり筆記する間 止めておく事も出来る。納得いくまで見たり読んだり・・面白い!
d0356076_11322945.jpg
Week1,Week2まで全問正解。Total 50%  60%あれば終了証が貰えるらしい。




more =リクのこと=
[PR]
by souu-4 | 2018-03-11 13:28 | イベント | Comments(6)

徒然なるままに

d0356076_05261289.jpg
夏の間 咲かなかった夕顔がこの時期になって毎夕咲いている。日が短くなった今、見る人もない。朝には萎んでしまう。

d0356076_05262294.jpg
ブログのような気ままなエッセイと広告が出ていたので購入した。
文字も大きく京都への道中 一気に読んでしまった。
考えてみると三大随筆と言われる「枕草子」「方丈記」そして「徒然草」どれも出だしの部分しか読んでいなかった。
中身は何だったのかと今更乍ら興味もあった。700年近く前に書かれた この時代は アッと言う間の短い人生だったのか「死」がいつ訪れても不思議はなかったのだろう。そんな文章が多い。21世紀の今、100歳以上の人が6万5692人もいらっしゃると兼好さんが知ると驚かれるだろう。それもその内 女性が87.6 %だ。何と書かれただろう?

d0356076_05263124.jpg
夏の間、夫も私も犬たちも あまり調子が良くなく長~く感じていたが少し涼しくなり 検査結果も上向きでホッとしたところ 急に思い立ち京都での土曜講座に行ってみようという事になった。久しぶりである。
急な事とてバタバタと夕飯の準備もして大急ぎで出かけた。こういう所へ行くと何人かの知り合いにも逢える。が、お喋りする間もなく行き帰りしなければならない。
d0356076_05263985.jpg
この日は「古代中国における文字の誕生・継承・伝播の過程を跡づける」と題した話だった。
白川静先生没後 今月末(30日)には丸11年になる。新しい考え方なども出てくるのは当然ではあるが 違った説を述べられると白川ファンとしてはちょっと寂しい気がする。私の頭の中は11年前で止まっているのかもしれない。




[PR]
by souu-4 | 2017-10-01 06:03 | 雑記 | Comments(16)

d0356076_21084920.jpg
日に日に夕暮れが早くなってきた。
アスファルトが何時までも暑く 裸足で歩く犬の散歩の時間を夕飯後にしていたが 途中で暗くなってくるようになった。
d0356076_21085689.jpg
庭のススキも穂を出し 昼間の暑さとは違い秋の近きを感じる。
そう言えば 虫の音も聞こえる。
d0356076_21090462.jpg
夏の終わり近くに咲く ルコウソウも長く伸びたあちこちに赤い花が開花しはじめた。

d0356076_04322007.jpg
d0356076_04322033.jpg

朝早く目覚め 何か書いてみたい衝動に駆られ 「道」を書いてみた。
何種類も 違った書体で書いてみる。
やっぱり書いている時が 一番!
至福の時である。
d0356076_05060034.jpg
シンニュウ・しんにょう
三画(道・遥)や四画(謎・遙)がある。

d0356076_04354774.jpg

 金文では こんな形、それも これ一つではなく何種類かある。
「道」は首と辵を組み合わせた形で シンニョウは 行く、歩くの意味がある。
他の士族のいる土地は その士族の霊や邪霊がいて災いをもたらすと古代の人は考えていたので 異族の人の首を持ち呪いの力で邪霊を払い清めた、その清められたところを「道」と言った。
また、清めて進むことを「導」といい、のちに道理のように用い 日本では華道・茶道のように専門分野の意味にも用いるようになった。






[PR]
by souu-4 | 2017-08-23 05:29 | 漢字・成り立ち | Comments(8)
line

一瞬のきらめきを大切に


by souu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31